メリット・ギフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メリット・ギフィン Portal:陸上競技
Merritt Giffin 1908.jpg
メリット・ギフィン(1908年)
選手情報
フルネーム メリット・ヘイワード・ギフィン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 円盤投
所属 Chicago AA, Chicago (USA)
生年月日 (1887-08-20) 1887年8月20日
生誕地 アメリカ合衆国イリノイ州ウィル郡ロックポート(en:Lockport, Illinois[1]
没年月日 (1911-07-11) 1911年7月11日(23歳没)
死没地 アメリカ合衆国ウィル郡イリノイ州ジョリエット
身長 186cm
体重 84kg
自己ベスト 円盤投:42.06m(1908年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1908 ロンドン 円盤投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

メリット・ヘイワード・ギフィンMerritt Hayward Giffin1887年8月20日 - 1911年7月11日)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。1908年に開催されたロンドンオリンピック円盤投競技では、銀メダルを獲得した。

経歴[編集]

ロンドンオリンピックでの円盤投競技は、1908年7月16日に11の国から42人の選手が参加し、ホワイトシティ・スタジアムを会場として実施された。選手たちは、A組からF組までの6グループに分けられて決勝進出を目指した。ギフィンは予選で40メートル70センチメートルのオリンピック新記録を出して予選C組の1位となって同日の決勝に臨んだが、決勝では1904年セントルイスオリンピックと1906年アテネオリンピック[2] の円盤投覇者であるマーチン・シェリダンがその記録を上回る40メートル89センチメートルの新記録を出してオリンピック3連覇を果たし、ギフィンは銀メダルを獲得することになった[3]

他の主要な競技会では、1910年のAAU選手権で優勝した経験がある。しかし、ロンドンオリンピックのわずか3年後、1911年7月1日にイリノイ州ジョリエットで死去している。

脚注[編集]

  1. ^ Olympic Athletes Born in Lockport, Illinois, United States 2017年9月17日閲覧。(英語)
  2. ^ この大会は、現在のオリンピック史では非公式大会扱いにされている。詳細については当該項目を参照のこと。
  3. ^ Athletics at the 1908 London Summer Games:Men's Discus Throw 2011年10月2日閲覧。(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]