メランコリック (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メランコリック
監督 田中征爾
脚本 田中征爾
製作 皆川暢二
出演者
撮影 髙橋亮
編集 田中征爾
製作会社 One Goose
配給 アップリンク
神宮前プロデュース
One Goose
公開 日本の旗 2019年8月3日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 300万円[1]
テンプレートを表示

メランコリック』は、2019年公開の日本映画

閉店後に殺人の場所として使われる銭湯を舞台とした、サスペンス・コメディー。

監督は田中征爾、出演は皆川暢二磯崎義知吉田芽吹など。

あらすじ[編集]

主人公・鍋岡和彦(皆川暢二)は名門大学を卒業後、アルバイトを転々とするうだつの上がらない生活を送っていた。ある日、母親の惠子(新海ひろ子)が誤って家風呂の湯を抜いてしまったため、近所の銭湯「松の湯」に仕方なく足を運ぶが、そこで偶然にも高校の同級生である百合(吉田芽吹)と再会する。二人はぎこちない会話を交わしつつ、百合は高校の同窓会への参加を勧め、彼女に仄かな恋心を抱いた和彦は後日参加する。結局、同窓会の空気に馴染めず疎外感を抱く和彦であったが、その場で百合から「(求人を募集している)松の湯で働いてみては?」と提案され、和彦は松の湯でのアルバイトを始めることとなる。しばらく後、閉店後の深夜にもかかわらず、明かりが灯る松の湯に和彦は疑問を感じるようになり、ある夜のふとした出来事によって、浴場が殺人のために使われている場所だと知ってしまう。そして更に、和彦と同日に採用された同僚の松本(磯崎義知)が、その殺人に深く関わっていることも次第に明らかとなっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・編集:田中征爾
  • 撮影:髙橋亮
  • 助監督:蒲池貴範
  • 録音:宋晋瑞、でまちさき、衛藤なな
  • 特殊メイク:新田目珠里麻
  • TAディレクター:磯崎義知
  • キャスティング協力:EIJI LEON LEE
  • スチール撮影:タカハシアキラ
  • 製作:One Goose
  • 製作補助:羽賀奈美、林彬、汐谷恭一
  • プロデューサー:皆川暢二
  • 宣伝:近藤吉孝(One Goose)
  • ポスターデザイン:五十嵐明奈
  • 後援:V-NECK、松の湯
  • 宣伝協力:アップリンク
  • 配給:アップリンク、神宮前プロデュース、One Goose

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]