メナイ吊橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メナイ吊橋
Menai Suspension Bridge

Pont Grog y Borth
The Menai Suspension Bridge.jpg
メナイ吊橋(2013年9月)
座標 北緯53度13分13秒 西経4度9分48秒 / 北緯53.22028度 西経4.16333度 / 53.22028; -4.16333
OSグリッド照合
通行対象 A5英語版
ロンドン-ホリーヘッド)
交差 メナイ海峡
所在地 ウェールズの旗 ウェールズ北ウェールズ英語版アングルシー
メナイ・ブリッジ英語版
別称 メナイ橋[1]
Menai Bridge
Pont y Borth
特性
形式 吊橋
資材 錬鉄(後に
石材石灰岩[2]切石[3]
全長 521メートル (1,709 ft)[4][5]
12メートル (39 ft)
高さ 30.5メートル (100 ft)[4]
塔総高 46.6メートル (153 ft)[5]
最大支間長 176.4メートル (579 ft)
支間数 中央支間: 1(単支間)
アーチ: 7径間(3・4径間[4][6]
橋脚数 5脚
設計寿命 1893年:
木製の床版製に置換
1938-1941年:
錬鉄製の(チェーン)を製に交換
歴史
設計者 トーマス・テルフォード
建設開始 1819年8月10日
開通 1826年1月30日: 196 年前
メナイ吊橋 Menai Suspension Bridgeの位置(アングルシー島内)
メナイ吊橋 Menai Suspension Bridge
メナイ吊橋
Menai Suspension Bridge
アングルシー島における位置
脚注
指定建築物 – 等級 I
登録日1949年5月27日
登録コード18572[7][8]
テンプレートを表示

メナイ吊橋(メナイつりばし、英語: Menai Suspension Bridgeウェールズ語: Pont Grog y Borth)は、北ウェールズ英語版アングルシー島ウェールズの本土(グレートブリテン島)のグウィネズ間の道路交通を結ぶためにメナイ海峡に架かけられた吊橋である。橋はトーマス・テルフォードにより設計され、1826年に完成したもので、イギリス指定建造物1級 (Grade I) に指定されている[8]。完成から1834年までは世界最長の吊橋であった[2]

背景[編集]

メナイ海峡は、メナイ海峡断層系に関連する脆弱な線上沿いに[9]氷食により形成されものである。一連の更新世氷期(約258万年前から1万1700年前まで)の間に、連続した氷床がアングルシー島とそれに隣り合うアルフォン英語版を横切って北東から南西に移動し、下にある岩を研磨して、連なる線状基盤岩の谷間を形成した。これらの流路の最深部は、氷床が後退してメナイ海峡を形造ると最終的に海水に水没した[3]。メナイ (Menai) という名称は、ウェールズ語main-aw または main-wy に由来し、「狭い水域」(: ‘narrow water’)を意味する[10]

アングルシーは、記録にあるヒトの歴史において島であり、そこに到達する唯一の方法は海峡の横断であった。しかし、それは常に危険な試みであり、なぜなら2方向に満ち引きする一日4度の潮汐が、小船が沈没するほどの激しい潮流や渦流を引き起こすことによる。そんな危険をよそに、渡し船 (ferries) がメナイ海峡に絶え間なく運航され、島と本土を結び乗客や物品を運搬した。1785年、55人を乗せた船 (boat) がメナイ海峡の南端で大強風のなか座礁して沈没し始め、カーナーヴォンからの救助艇が大破して沈む船にたどり着く前に、生き延びたのは1人だけであった[11]。同じように、アングルシーの主な収入源はウシの販売であり、ロンドンなど本土の市場への移動には、ウシを水に追いやって海峡を泳ぎ渡るように仕向ける必要があり、貴重な家畜を失うような事態もしばしば起こった[12][13]。干潮時には水深 17インチ (0.43 m) となるような砂州もあったが、歩いて渡るのはやはり非常に困難であった[11]

1800年アイルランド連合法の可決によりグレートブリテンに併合されることになった。これによりアイルランド島ダブリンに向かう途上、ロンドンとアングルシー島のホリーヘッドの間を移動する渡航者が急速に増加した[14]。しかし橋が架かるまで、アングルシー島にはウェールズ本土との接続が確立しておらず、メナイ海峡の危険な水域を渡し船で横断することを余儀なくされていた[15]1815年連合王国議会土木技師トーマス・テルフォードに与えた事業の責任において[16]、ホリーヘッド・ロード (A5英語版) 建設の法令を制定した。克服することが困難ないくつかの地理的障害があるにも関わらず、アイルランドへの最短(約100km[17])地点であるホリーヘッドがダブリンに渡るフェリーの主要港であったことから、この経路が選択された。テルフォードはロンドンからホリーヘッドまでの経路の調査を完了した後、メナイ海峡における本土のバンガー付近からアングルシー島の Porthaethwy(今日のメナイ・ブリッジ英語版)の村に向けて橋を架けることが最善の選択であると提案した[12]

架橋の場所は、下を通過する帆船トールシップ)の航行を可能とする十分な高さのある高い土手があったことから選定された。テルフォードは、この地点が海峡の流れの速い水域を渡すには十分な径間となることから、吊橋が最良の選択であると提言した。1818年[18]、テルフォードの提案は議会により承認された[12]

建設[編集]

完成前1820年作成の橋の設計・景観図(鉄柵状の主塔ほか鎖ケーブルも異なる)

テルフォードの設計による橋の建設は、1819年8月10日より[16]、海峡の両側の石積みのアーチと塔から開始され、この工事に6年を要した[19]。これらはペンモン英語版石灰岩により構築され、内部は隔壁英語版を備えた空洞であった[20]

次いで、支間長 176.4メートル (579 ft) を支持するため[21]、それぞれ長さ 2.9メートル (9.5 ft) の錬鉄の棒材(アイバー英語版[4][22]935本でできた16本の膨大な(チェーン)ケーブルに取り掛かった[23]。製造から使用までの間に錆びるのを避けるため、鉄は亜麻仁油に浸され[4]、後に塗装された[24]。鎖(チェーン)はそれぞれ 522.3メートル (1,714 ft) を測り、重量は 121ロングトン (123 t; 136ショートトン) であった。それらの吊る強さは 2,016ロングトン (2,048 t; 2,258ショートトン) と計算された[12]。鉄材は合計2187トンが使用された[4]

1825年4月26日に最初の鎖ケーブルが架けられた[4][20]。総員150人により[20]、長さ 140メートル (460 ft) 余り、幅 1.8メートル (5.9 ft) のいかだから、ウインチ2台でケーブルを引き上げて固定するという大作業が成功した際、テルフォードはひざまずき神に感謝の祈りを捧げたといわれる[25]。その後7月25日にはすべて引き上げられ[4]、橋は1826年1月30日[4][16]、大ファンファーレのうちに開通し[12]、最初にロンドンからホリーヘッドに向かう郵便馬車が渡った[5]

開通以降[編集]

2005年に塗装が施されたメナイ吊橋(2005年8月)
アングルシー側から見た吊橋(2008年6月)

車道の幅はわずか 24フィート (7.3 m) であり、間もなくトラスで補強しなければ、風に揺れて非常に不安定であることが分かった[13]1840年に、メナイ橋の橋床が W・A・プロビス (W. A. Provis) により補強され、1893年には木製の表層部(床版[13])全体がベンジャミン・ベイカー英語版により設計された鋼製の橋床に置き換えられた[26]。また、長年にわたる4.5トンの重量制限は、増加する運輸産業に対して問題があるとされると、1938年から1941年[4][5]、もとの錬鉄製のチェーンが、橋を閉じることなく製のチェーンに交換された。1999年には、橋は橋床の強化と[16] 道路の再舗装のために約1か月閉鎖され、その間すべての行き来は隣のブリタニア橋を経由することを必要とした。

2005年2月28日、橋は世界遺産の候補としてユネスコに奨励された。同じ日に橋の1車線が6か月閉鎖され、交通は1つの片側車線に絞られて、午前中は本土へ、午後はアングルシー島への往還通行がなされた。橋は1940年以来65年ぶりの大規模な再塗装の後[16][27]、2005年12月11日、双方向の通行が再開されるようになった[28]

文化[編集]

海峡に架かる吊橋の描画
(1840年頃)
1840年代にスタッフォードシャー陶器英語版炻器皿に描かれた橋(J・L・ルーネベリ家)
メナイ吊橋の橋脚と中央支間
夕刻のメナイ吊橋

アングルジー島の沿岸を巡るアングルジー・コースタル・パス英語版は橋の下を通過する。最寄りの居住地はメナイ・ブリッジ英語版の町である[15]

メナイ吊橋の橋脚の欄干から支柱の間にかけての表象が、2005年鋳造のイギリスの1ポンド硬貨英語版の裏に描かれた[29]。硬貨はイギリス人デザイナーで彫版工(エングレーバー)のエドウィナ・エリス (Edwina Ellis) によりデザインされた[30]

「メナイ・ブリッジ」はチャールズ皇太子プリンス・オブ・ウェールズ)のコードネームであり、チャールズ皇太子が亡くなった際には、公式葬儀計画として「オペレーション・メナイ・ブリッジ」(Operation Menai Bridge) が発動される[31][32]

引用[編集]

白の騎士からアリスへ:(白の騎士の歌)
"I heard him then, for I had just
Completed my design
To keep the Menai bridge from rust
By boiling it in wine."
「それは聞こえた、たったいま
工夫をおえたばかりゆえ
メナイ橋をばぶどう酒で
煮てさびるのを防ぐ法(て)を。」[33]

ウェールズの「エングリン(詩)」[編集]

Uchelgaer uwch y weilgi – gyr y byd
Ei gerbydau drosti,
Chwithau, holl longau y lli,
Ewch o dan ei chadwyni.

Dewi Wyn o Eifion[34]

High fortress above the sea – the world drives
Its carriages across it;
And you, all you ships of the sea,
Pass beneath its chains.
(高い砦は海を越え – 世界を駆ける
その馬車がそこを渡り、
そしてあなた、あなたと海の船はみな
その鎖の真下を過ぎる。)

デイヴィッド・オーウェン (David Owen, 1784–1841)

脚注[編集]

  1. ^ メナイ橋”. コトバンク. 朝日新聞社. 2021年5月15日閲覧。
  2. ^ a b デュプレ、46頁
  3. ^ a b Dr Amanda Young. “The Menai Strait - A Proposed Marine Nature Reserve”. British Marine Life Study Society. glaucus.org.uk. 2021年5月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j ガボル・メドベド 著、成瀬輝男 訳 『世界の橋物語』山海堂、1999年 (原著1987年)、47頁。ISBN 4-381-01211-9 
  5. ^ a b c d Brown (2001)、59頁
  6. ^ NHKテクノパワー・プロジェクト (1993)、144頁
  7. ^ 18572: Menai Suspension Bridge”. Full Report for Listed Buildings. Cadw. 2021年11月14日閲覧。
  8. ^ a b Menai Suspension Bridge”. British Listed Buildings. 2021年5月14日閲覧。
  9. ^ Gibbons, Wes (1987-08-01). “Menai Strait faults system: An early Caledonian terrane boundary in north Wales”. Giology (The Giological Society of America) 15 (8): 744-747. http://pub.geoscienceworld.org/gsa/geology/article-abstract/15/8/744/204514/Menai-Strait-faults-system-An-early-Caledonian?redirectedFrom=PDF 2021年5月14日閲覧。. 
  10. ^ Morgan, Thomas (1887). Handbook of the origin of place-names in Wales and Monmouthshire. H.V. Southey, "Express" Office. p. 17. https://vdocuments.mx/handbook-of-the-origin-of-place-names-in-of-the-origin-of-place-names-in-.html 2021年5月16日閲覧。 
  11. ^ a b Crossing the Menai Strait”. Casgliad y Werin Cymru. peoplescollection.wales. 2021年5月14日閲覧。
  12. ^ a b c d e Bartlett, W. H.; Harding, J. D.; Creswick, T. (2009). The Ports Harbours Watering Places (Reprint ed.). BiblioLife. ISBN 978-1-115-95868-4. https://books.google.com/books?id=NC3OxE-4t6AC&pg=PT289 
  13. ^ a b c マーカス・ビニー 著、黒輪篤嗣 訳 『巨大建築の美と技術の粋 世界の橋』河出書房新社、2017年、108頁。ISBN 978-4-309-27838-4 
  14. ^ Menai Suspension Bridge: Completed 1826 — A Brief History”. Menai Heritage. 2021年5月15日閲覧。
  15. ^ a b (7) Suspension Bridge (PDF)”. Weatherman Walking: Menai Bridge. BBC (2015年). 2021年5月15日閲覧。
  16. ^ a b c d e Menai Bridge Timeline”. Menai Heritage. 2021年5月15日閲覧。
  17. ^ NHKテクノパワー・プロジェクト (1993)、148頁
  18. ^ NHKテクノパワー・プロジェクト (1993)、149頁
  19. ^ NHKテクノパワー・プロジェクト (1993)、144-145頁
  20. ^ a b c Brown (2001)、58頁
  21. ^ Brown (2001)、84頁
  22. ^ Brown (2001)、58-59頁
  23. ^ Drewry, Charles Stewart (1832). A Memoir of Suspension Bridges: Comprising The History of Their Origin And Progress. London: Longman, Rees, Orme, Brown, Green & Longman. pp. 46–66. https://archive.org/details/amemoirsuspensi01drewgoog/page/n82/mode/2up [1]
  24. ^ Kovach, Warren (2010年). “Menai Strait Bridges”. Anglesey History. 2021年5月15日閲覧。
  25. ^ NHKテクノパワー・プロジェクト (1993)、145-146頁
  26. ^ Menai Suspension Bridge”. ASCE. American Society of Civil Engineers. 2021年5月15日閲覧。
  27. ^ デュプレ、47頁
  28. ^ “Bridge repainting nearly finished”. BBC News (BBC). (2005年12月8日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/wales/north_west/4503906.stm 2021年5月15日閲覧。 
  29. ^ UK 2005 Menai Bridge Circulation £1”. The Westminster Collection. 2021年5月15日閲覧。
  30. ^ 2005 One Pound”. Check Your Change. 2021年5月15日閲覧。
  31. ^ The Royal Family secret code words revealed - what they are and why they use them...”. woman&home. 2021年5月16日閲覧。
  32. ^ ロイヤルファミリーが亡くなった時に使われる秘密の「コードネーム」”. Harper's BAZAAR. ハースト婦人画報社. 2021年5月16日閲覧。
  33. ^ ルイス・キャロル 著、多田幸蔵『鏡の国のアリス』グーテンベルク21、2012年12月19日 (原著1871年)。ASIN B00AQRYOVShttps://books.google.co.jp/books?id=HW2aH0lnyQwC&pg=PT100&lpg=PT100&dq=%E3%83%A1%E3%83%8A%E3%82%A4%E6%A9%8B+%E9%8F%A1%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9&source=bl&ots=s4WFoE0Bxk&sig=ACfU3U3g-rIpbjRws629PoGqRWiIN-NdBQ&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjn6fTrrc3wAhWOv5QKHZy8AQYQ6AEwEXoECBMQAw#v=onepage&q=%E3%83%A1%E3%83%8A%E3%82%A4%E6%A9%8B%20%E9%8F%A1%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9&f=false2021年5月16日閲覧 
  34. ^ Llwybr y Llewod 8-13” (ウェールズ語). BBC Lleol. BBC. 2021年5月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯53度13分13秒 西経4度9分48秒 / 北緯53.22028度 西経4.16333度 / 53.22028; -4.16333