メナイ吊橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メナイ吊橋
メナイ吊橋
基本情報
ウェールズの旗ウェールズ
所在地 アングルシー島 - ウェールズ
交差物件 メナイ海峡
設計者
施工者
トーマス・テルフォード
建設 1819年 - 1826年1月30日
座標 北緯53度13分12.5秒
西経4度9分47.25秒
構造諸元
材料 錬鉄
全長 417 m
12 m
高さ 30 m
最大支間長 176 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

座標: 北緯53度13分12.5秒 西経4度9分47.25秒 / 北緯53.220139度 西経4.1631250度 / 53.220139; -4.1631250

メナイ吊橋ウェールズ語: Pont Grog y Borth, 英語: Menai Suspension Bridge)は、アングルシー島ウェールズの本土(グレートブリテン島)間のメナイ海峡に掛かる吊り橋1826年に完成した[1]。設計はトーマス・テルフォードによる。

建設の過程[編集]

1826年に橋が完成するまで、アングルシー島にはウェールズ本土までの接続が確立しておらず、メナイ海峡の流れの速い危険な水流をフェリーで横断することを余儀なくされていた。

アングルシー島での主要な収入源は家畜の売買であった。ロンドンのような本土の市場へ移動をする必要上、島民はメナイ海峡を泳いで渡ることを余儀なくされ、大切な家畜が命を落とすこともしばしば起こった[2]

トーマス・テルフォードは、ダブリンへのフェリーの主要な港でもあったホリーヘッドを対象とし、ロンドンとホリーヘッドを結ぶルートの調査に従事した。テルフォードは、メナイ海峡を挟み、ウェールズ本土のバンガー付近、およびアングルシー島の街、Porthaethwy("メナイ・ブリッジ"の名称でも呼ばれる)の2地点間に架橋するべきだと提案した[2]

陸地の高さと、海峡の水流の速さのために、海底への柱の設置、およびその後の作業の困難が見込まれた。また、トールシップの通行が可能なだけの高さも求められた。テルフォードは吊り橋としての建設を提案し、議会の承認を受けた[2]

文化的影響[編集]

2005年鋳造の1ポンド硬貨の裏面には、メナイ吊橋のモチーフが採用された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Menai Suspension Bridge, Menai Bridge”. British Listed Buildings. 2015年6月9日閲覧。
  2. ^ a b c Bartlett, W. H.; Harding, J.D.; Creswick, T. (2009). The Ports Harbours Watering Places (Reprint ed.). BiblioLife. ISBN 1-115-95868-2. http://books.google.com/?id=NC3OxE-4t6AC&pg=PT289&dq=Menai+Bridge#v=onepage&q=Menai%20Bridge&f=false. 

外部リンク[編集]