メトロニア門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rmn-social-header-1-.svg
メトロニア門
Porta Metronia
Porta Metronia front.JPG
建設年 275年頃
建築様式 旧市街の門
Blue pog.svg
'

メトロニア門ラテン語: Porta Metronia)は、イタリア ローマの古代ローマ時代の城壁であるアウレリアヌス城壁に設けられた城門である。メトロビア門(Porta Metrovia)やメトロシ門(Porta Metrosi)などと表記されたこともある。

この門は塔を持たず、重要な街道も通らない位置に造られていた。いつ頃のことかは分からないが、少なくとも15世紀までには物理的に閉鎖された。教皇カリストゥス2世が、1122年にローマ市内に流れ込んでいたマラナ川(Marrana)を付け替えてこの門付近を通したことから、その時に門が閉鎖されたと考えられる[1]。近代以降、この場所に道路用の4つの通路が再び開かれ現代に至っている。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Samuel Ball Platner, A Topographical Dictionary of Ancient Rome, Porta Metrovia, London: Oxford University Press, 1929.