メトプロロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Metoprolol
Metoprolol structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Lopressor, Metolar XR
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682864
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • AU: C
  • US: C
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 Oral, IV
薬物動態データ
生物学的利用能 50%[1]
血漿タンパク結合 12%
代謝 Liver via CYP2D6, CYP3A4
半減期 3-7 hours
排泄 Kidney
識別
CAS番号
(MeSH)
51384-51-1 チェック
ATCコード C07AB02
PubChem CID: 4171
IUPHAR/BPS 553
DrugBank DB00264 チェック
ChemSpider 4027 チェック
UNII GEB06NHM23 チェック
KEGG D02358  チェック
ChEBI CHEBI:6904 チェック
ChEMBL CHEMBL13 チェック
化学的データ
化学式 C15H25NO3
分子量 267.364 g/mol
物理的データ
融点 120 °C (248 °F)

メトプロロール(Metoprolol)とは、アドレナリン作動性効果遮断薬1つであり、(RS)-1-イソプロピラミノ-3-{4-(2-メトキシエチル)フェノキシ}プロパン-2-オールのことである。つまり、ラセミ体として供給される医薬品である。メトプロロールはアドレナリンβ1受容体を選択的に遮断する[2]高血圧不整脈の治療に使用される。

効能・効果[編集]

本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、頻脈性不整脈[3]

禁忌[編集]

下記の患者には禁忌とされている[3]

  • 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスの有る患者
  • 高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群の有る患者
  • 心原性ショック、肺高血圧に因る右心不全、鬱血性心不全の患者
  • 低血圧症の患者
  • 重症の末梢循環障害(壊疽等)の有る患者
  • 未治療の褐色細胞腫の患者
  • 製剤成分及び他のβ-遮断剤に対し過敏症の既往歴の有る患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性の有る婦人

副作用[編集]

重大な副作用として、心原性ショック(頻度不明)、鬱血性心不全(0.1%未満)、房室ブロック(0.1%未満)、徐脈(0.1%~5%未満)、洞機能不全(頻度不明)喘息症状の誘発・悪化(0.1%未満)、肝機能障害・黄疸(頻度不明)が添付文書に挙げられている[3]

用法・用量[編集]

メトプロロール酒石酸塩として1日60~120mgを1日3回に分割経口投与する。効果不十分な場合は240mgまで増量することができる[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Metolar 25/50 (metoprolol tartrate) tablet”. 2015年5月5日閲覧。
  2. ^ 伊藤勝昭 他 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版、2004年ISBN 4874021018
  3. ^ a b c d ロプレソール錠20mg/ロプレソール錠40mg 添付文書” (2015年3月). 2015年9月13日閲覧。