メトプロロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メトプロロール
メトプロロールの構造式
臨床データ
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
法的規制
  • Prescription only
識別
ATCコード C07AB02
KEGG D02358
化学的データ
化学式 C15H25NO3 

メトプロロール: metoprolol)とは、アドレナリン作動性効果遮断薬1つであり、(RS)-1-イソプロピラミノ-3-{4-(2-メトキシエチル)フェノキシ}プロパン-2-オールのことである。つまり、ラセミ体として供給される医薬品である。メトプロロールはアドレナリンβ1受容体を選択的に遮断する。高血圧不整脈の治療に使用される。

種類[編集]

  • 錠剤20mg, 40mg[1]

効能・効果[編集]

本態性高血圧症(軽症~中等症)、狭心症、頻脈性不整脈[1]

用法・用量[編集]

メトプロロール酒石酸塩として1日60~120mgを1日3回に分割経口投与する。効果不十分な場合は240mgまで増量することができる[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018

脚注[編集]

  1. ^ a b c メトプリック錠”. 2015年8月31日閲覧。