メトカーフの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Two telephones can make only one connection, 5 can make 10 connections, and 12 can make 66 connections.

メトカーフの法則(メトカーフのほうそく、英: Metcalfe's law)は、通信ネットワークに関する法則で「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の二乗(n2)に比例する」という。メトカルフェの法則とも呼ばれている。

George Gilderによって1993年に最初にこのように定式化され[1]イーサネットに関する1980年のロバート・メトカーフに起源をもつ。 メトカーフの法は、当初1980年にユーザ数の文脈ではなく「互換性あるコンピューティングデバイス(例:FAX、電話等)」の文脈で提示された[2]。 インターネットが始まり、この法則がユーザとネットワークに適用されるようになったのは、ごく最近のことであった。 なぜならば、この法則の本来の意図は、イーサネットの購入と接続を描写することにあったからである[3]。この法則は、経済学やビジネスの経営管理とも関連が深く、特に、相互に提携先を探している競争的な企業間の関係が関連深い。

ネットワーク効果[編集]

メトカーフの法則は、インターネット、ソーシャルネットワーキング、WWWなどの通信技術やネットワークのネットワーク効果の多くを特徴づけている。 アメリカ合衆国連邦通信委員会の前チェアマンReed Hundtは「インターネットのはたらきの理解には、この法則が最も役立つ」と述べている[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Carl Shapiro and Hal R. Varian (1999). Information Rules. Harvard Business Press. ISBN 0-87584-863-X. http://books.google.com/books?id=aE_J4Iv_PVEC&printsec=frontcover&dq=inauthor:shapiro+inauthor:varian#PPA184,M1. 
  2. ^ Simeon Simeonov (2006年7月26日). “Metcalfe’s Law: more misunderstood than wrong?”. HighContrast: Innovation & venture capital in the post-broadband era. 2016年5月5日閲覧。
  3. ^ Metcalfe's Law, Web 2.0, and the Semantic Web (PDF )”. 2016年5月5日閲覧。
  4. ^ Bob Briscoe (July 2006). “Metcalfe's Law is wrong”. 2010年7月25日閲覧。