メディアカイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社メディアカイト
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都品川区西五反田2-18-2 五反田KYビル 8階
設立 1991年4月
代表者 飼沼憲泰(代表取締役)
資本金 80,000,000円
売上高 30億円(2005年度)
従業員数 50人
テンプレートを表示

株式会社メディアカイトは、東京都品川区に本社を置いていたコンピュータソフトゲームソフトを販売する企業。主に廉価版ソフトをリリースしていた。2007年7月に株式会社シーアイエスと商号を変更、業務を関連会社に移すなどしていたが、同年8月9日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。負債総額はおよそ26億3600万円。営業所は大阪府大阪市福島区福島のクリスビル8階に存在した。

主な廉価版シリーズ[編集]

  • おやじシリーズ
ソフトウェアの使用法・実践術ガイドや麻雀囲碁上海などのテーブルゲームまで様々。
  • 新撰シリーズ
「新撰サラリーマン講座」「新撰ファミリー」、実用ソフト各種。
  • 遊遊
SNKプレイモアサン電子ジャレコタイトー日本物産などのアーケード・ファミコンからのエミュレート作品、工画堂スタジオシステムソフト・アルファーニホンクリエイト日本ファルコムの旧作などで構成。
セガの旧作(主にメガドライブで発売されたタイトル)。
機動戦士ガンダムケロロ軍曹などのタイピングゲーム・デスクトップアクセサリ。
  • Pt.
  • GREATシリーズ
  • ULTRA2000
  • SUPER1500

ネットげーせん[編集]

「ネットげーせん」とは、1980〜90年代の名作アーケードゲームをネット配信するサービスである。2002年8月27日に発表され、同年9月11日からサービスを開始するとされた[1]。しかし、香港の企業Billybala Holdings Limited が開発したゲーム配信システムの一部にMAME無断使用の疑惑が持ち上がり、8月30日にサービス開始延期を発表[2]。9月17日に、システムの一部を作り直した後にサービスを開始すると発表された[3]が、結局サービスは開始されなかった。

なお、タイトー、サンソフト、PCCW Japan(元ジャレコ)、日本物産の54タイトルでサービスを開始し、その後さらに約60タイトルが追加される予定となっていた。またデータイーストなど参入企業の追加も予定されていた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]