メット (肉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パンにのせたメット

メットドイツ語: mett)はドイツで人気のある、生の挽肉を用いた食品である。

概要[編集]

「メット」という名は低地ドイツ語で「脂身なしのきざんだ豚肉」をさすmettか、古ザクセン語で「食物」を表すmetiからきている。北ドイツ、東ドイツ、ベルリンなどではHackepeterとしても知られている。豚挽肉からできており、通常は黒胡椒で、また地域によってはニンニクキャラウェイで味付けされて売られており、生食する。みじん切りの玉ねぎを加えてもよく、これは玉ねぎメット (Zwiebelmett) とも呼ばれる。法的には、メットは35%以上の脂肪分を含むものであってはならない[1]。また、ドイツの法律である「挽肉についての指示」 (Hackfleischverordnung)によって、包装されていないメットはその日に作ったものしか販売することはできない。

変種[編集]

「シンケンメット」(Schinkenmett,「もも肉メット」の意)はもも肉から作られるもので、とくに上質と考えられている。

メットは通常、地元の店などで挽肉にされたものが販売されているが、これと異なり、きめのあらいメット (Grobes Schweinemett) は工場の挽肉機で作られる。構造を保つため、豚肉はふつう、半冷凍状態で処理される。「挽肉についての指示」では、摂氏2度以上での処理を認めておらず、また、氷を冷却のために使用することも禁じている。

食べ方[編集]

「メットはりねずみ」ことMettigel

生のメットはふつう、ロールパン (Mettbrötchen) やスライスしたパンにのせて食べる。付け合わせとして、生のオニオンリングやダイスカットの玉ねぎがよく添えられる。

ビュッフェでは、メットは時折「メットはりねずみ」 (MettigelHackepeterigelHackepeterschweinなどと呼ばれる)となって出てくる。このような形でメットを出すのはとくに1970年代によく行われた。これを作るには、多量のメットをはりねずみの形にし、4つに切ったオニオンリングやプレッツェルのスティックをトゲに見立て、オリーヴを目や鼻にする。

ソーセージ[編集]

メットをメットヴルストというソーセージにすることがあり、これはたいへん長持ちする。これはスパイシーな風味で、しばしば燻製をほどこした生ソーセージである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Deutsches Lebensmittelbuch für Fleisch und Fleischerzeugnisse

外部リンク[編集]