メッセージボトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メッセージボトル
amazarashiベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
プロデュース 秋田ひろむ
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン
  • 登場回数12回(オリコン)
amazarashi アルバム 年表
虚無病
(2016年)
メッセージボトル
(2017年)
地方都市のメメント・モリ
(2017年)
ミュージックビデオ
「ヒーロー」 - YouTube
「つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)」 - YouTube
テンプレートを表示

メッセージボトル』は、日本バンドamazarashiの1枚目のベストアルバム2017年3月29日ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズより発売された。

概要[編集]

自身初のベストアルバムであり、インディーズ時代の『0.』以降の各アルバムや、1月に発売されたシングル『命にふさわしい』などから選曲されている。完全生産限定盤、初回生産限定盤、通常盤の3形態で発売され、両限定盤にはインディーズ時代に青森県で500枚限定で販売されたあまざらし名義のミニアルバム光、再考』が完全収録されている[1]

アルバムタイトル及び後述のツアータイトル『メッセージボトル』は、アマチュア時代に初めて主催したイベントのタイトルに由来する。

テレビ東京系ドラマ『銀と金』の主題歌として書き下ろされた新曲「ヒーロー」は今作が初収録であり、ミュージックビデオは過去にYKBXらが制作したアートワークやミュージックビデオを総ざらいする内容となっている[2]

ミニアルバム『0.』及び『0.6』収録曲の「つじつま合わせに生まれた僕等」は、今作にはオリジナルバージョンと新録バージョンの2種が収録されており、新録に際してポエトリーの誦読を含むミュージックビデオも制作された。本曲を新録した理由として、秋田は「改めてたくさんの方に、この楽曲を届けたい」と語っている[3]

ツアー[編集]

2017年3月26日から10月19日にかけて、過去最大規模となる8都市10公演のツアー amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」が開催された。

振替公演を除く最終公演は8月13日にamazarashiの地元青森県で開催され、初の凱旋ライブとなった。9月6日発売のシングル表題曲「空に歌えば」は本公演で初披露され、ミュージックビデオには本公演の様子が映し出されている[4]

収録曲[編集]

Disc 1(CD)
全作詞・作曲: 秋田ひろむ、全編曲: 出羽良彰・amazarashi。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「光、再考」(ミニアルバム『0.』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
2.「つじつま合わせに生まれた僕等」(ミニアルバム『0.』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
3.「夏を待っていました」(ミニアルバム『爆弾の作り方』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
4.「無題」(ミニアルバム『爆弾の作り方』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
5.「奇跡」(ミニアルバム『ワンルーム叙事詩』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
6.「ワンルーム叙事詩」(ミニアルバム『ワンルーム叙事詩』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
7.「さくら」(ミニアルバム『アノミー』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
8.「この街で生きている」(ミニアルバム『アノミー』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
9.「空っぽの空に潰される」(フルアルバム『千年幸福論』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
10.「美しき思い出」(フルアルバム『千年幸福論』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
11.「ラブソング」(ミニアルバム『ラブソング』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
12.「ナモナキヒト」(ミニアルバム『ラブソング』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
合計時間:
Disc 2(CD)
全作詞・作曲: 秋田ひろむ、全編曲: 出羽良彰・amazarashi。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ジュブナイル」(ミニアルバム『ねえママ あなたの言うとおり』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
2.「性善説」(ミニアルバム『ねえママ あなたの言うとおり』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
3.「終わりで始まり」(ミニアルバム『あんたへ』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
4.「冷凍睡眠」(ミニアルバム『あんたへ』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
5.「スターライト」(フルアルバム『夕日信仰ヒガシズム』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
6.「ひろ」(フルアルバム『夕日信仰ヒガシズム』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
7.「季節は次々死んでいく」(シングル『季節は次々死んでいく』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
8.「スピードと摩擦」(シングル『スピードと摩擦』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
9.「多数決」(フルアルバム『世界収束二一一六』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
10.「ライフイズビューティフル」(フルアルバム『世界収束二一一六』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
11.「僕が死のうと思ったのは」(ミニアルバム『虚無病』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
12.「命にふさわしい」(シングル『命にふさわしい』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
13.「ヒーロー」(初収録)秋田ひろむ秋田ひろむ
14.「つじつま合わせに生まれた僕等(2017)」(新録)秋田ひろむ秋田ひろむ
合計時間:
Disc 3(CD)※完全生産限定盤、初回生産限定盤のみ
全作詞・作曲: 秋田ひろむ。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「光、再考」(ミニアルバム『光、再考』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
2.「少年少女」(ミニアルバム『光、再考』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
3.「真っ白な世界」(ミニアルバム『光、再考』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
4.「隅田川」(ミニアルバム『光、再考』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
5.「ドブネズミ」(ミニアルバム『光、再考』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
6.「未来づくり」(ミニアルバム『光、再考』より)秋田ひろむ秋田ひろむ
合計時間:

出典[編集]

  1. ^ amazarashi初のベスト盤をリリース、限定盤にあまざらし名義のレア音源も”. 音楽ナタリー (2017年3月1日). 2017年9月3日閲覧。
  2. ^ amazarashi「ヒーロー」で過去のMVやアートワークを総ざらい”. 音楽ナタリー (2017年3月10日). 2017年9月3日閲覧。
  3. ^ amazarashi、書き下ろしポエトリーを加えた特別編集版「つじつま合わせに生まれた僕等(2017)」MV公開”. Musicman-net (2017年3月25日). 2017年9月3日閲覧。
  4. ^ amazarashi「空に歌えば」MVは地元・青森で撮影、凱旋公演の映像も”. 音楽ナタリー (2017年9月1日). 2017年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]