あいはら雅一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あいはら 雅一
本名 會原 雅一(あいはら まさかず)
ニックネーム パラ
パラちゃん
パラさん
生年月日 (1969-09-06) 1969年9月6日(48歳)
出身地 大阪府岸和田市
血液型 A型
身長 172cm
方言 大阪弁
最終学歴 大阪府立泉鳥取高等学校
出身 NSC大阪校10期
コンビ名 メッセンジャー
相方 黒田有
芸風 漫才(ツッコミ)
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1991年 -
同期 くりぃむしちゅー
水玉れっぷう隊
ジャリズムなど
現在の代表番組 マルコポロリ
配偶者  既婚

あいはら 雅一( - まさかず、1969年9月6日 - )は、日本お笑いタレントである。お笑いコンビメッセンジャーツッコミ担当。相方は黒田有。本名、會原 雅一(読み同じ)。かつては漢字の本姓で活動していたが、のちにひらがなに改名。通称、パラちゃんパラ大阪府岸和田市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。大阪NSC10期生。

略歴[編集]

大阪府立泉鳥取高等学校卒業。目立ちたいことがしたくNSCに入学し、のちに同級生の友人も入学したが養成所に馴染めず退学。同じ養成所の黒田を誘ってコンビ結成。

うめだ花月芸人の仲間と結成した『パラ軍団』の団長として、よく皆で飲みに行っている。ABCテレビ『ごきげん!ブランニュ』のコーナー企画として抜擢される。彼の愛称である「パラちゃん」はこの軍団の名称からきている。

以前は喫煙していたが、35歳でタバコをやめた。

妻はあいはらの元追っかけで、電話番号を書いたファンレターを渡した事から交際が始まった。かつては美容室を経営していたが、店では夫の出演であってもラジオを聞かなかった[注 1]。2008年7月に第1子[1]、2011年8月13日に第2子(男児)が誕生した。

『ごきげん!ブランニュ』の企画で2009年6月30日に、Parachan(ぱらちゃん)名義でCDデビュー[2]。同時に『サマーソニック09大阪』に出演する事も発表された。

芸風[編集]

  • 下ネタ[注 2]や「(相方の)黒田は子供の頃イナゴを食べて生き延びた」「黒田の本当の親父は隣の家のおっさん」[注 3]等の過激&毒舌トークが得意で、自分のエロトークで興奮してくると鼻が詰まってくる(鼻声になる)。
  • 芸人仲間・後輩からは人格者として評判が高い。ブラックマヨネーズ小杉竜一は「いい印象しかない」、すっちーは「真っ先に相談する先輩」と語っている[3]
    • 南海キャンディーズ山里亮太が、相方の山崎静代がピンでの活動が増えたことに対して周りに不満を漏らした際には、山里をたしなめる一方で、山崎に対しては「ごめんな。山里はアホやから。許したってくれ。」と山里をフォローしていた[4]
  • プロレスが大好きで新吉本プロレスにも参戦している。「メッセ弾」ではキャバクラ嬢にプロレス技をかけたことがある。
  • アイドル(ハロプロ、主に松浦亜弥)好き。『ごきげん!ブランニュ』では松浦亜弥と共演した。
  • 岸和田出身で、大のだんじり祭り好きであり、実際に引いている姿を毎年住民に目撃されている。岸和田だんじり祭例祭が行なわれる土曜日は「のっぴきならない事情」「仕事よりも大事な一大行事」と称して、レギュラーである『それゆけ!メッセンジャー』を毎年休んでいる(電話出演のみ行い、スタジオは後輩芸人に代役を立ててもらっている)。だんじり祭りでは雑用係をしている[注 4]
    • 相方の黒田は、「お腹が痛いと言って仕事を休んだはずのあいはらが、テレビを付けたらだんじりを引いてた」「勝手に仕事を仮病使って休んで岸和田に行ってた」と漫才のネタにしている。
  • 虫が嫌いで、ガリガリガリクソンがコオロギを食べていたのを横で見て引いていた[5]
  • 相方の黒田に「ツッコミなのに天然」と言われるほどの天然ボケである。漫才では、本来の役であるツッコミだけではなく、自ら話題を作りボケを行うことも多くなった。
    • 彼らが司会のネタ見せ番組のスタジオに「出演者とそのネタ見せ時間」の一覧が書かれたボードがあった。その中にあいはらが知らない名前があり、しかも時間は5分間と長めで、2回その機会があった(他の芸人は3分程度のを1回)。そして、黒田に「何で2回もチャンスが与えられているのに、挨拶にも来えへんねん!」と不快感を露にして、「ホンマ、何やねん、あのテープチェンジってコンビは!!」と怒っていた。
  • 東京に籍を置く芸人(ただし、大阪で売れた上で進出している分には問題が無いらしい)が大阪で仕事する事に対して抵抗感を示す時がある。「ブラックマヨネーズのように、大阪で頑張って東京でも売れた芸人なら何の問題もないが、ココリコみたいに最初から東京でブレイクした芸人(が大阪でも仕事する事)は受け付けない」と発言した[6]
    • シャンプーハットの小出水に、「パラさんは、東京の芸人が大阪の番組に出演すると、『東京から俺の仕事を奪いに来たんじゃないか?』と不機嫌になる」とネタにされた。そんな東京の芸人の事を「黒船」と呼んでいる。その噂を聞きつけて、東MAXなど番組が始まる前にあいはらに挨拶に来る芸人もいる。
    • あいはらによると、「黒船」は2000年代後半から増え始めており、最初はペナルティガレッジセールクラスの大阪に馴染みのない中堅芸人が進出し始め、ココリコ遠藤章造、ついには今田耕司東野幸治など大物が帰ってくるようになったとの事である[7]
    • ナインティナイン岡村隆史も、19年ぶりに大阪で番組を始めるにあたり東野幸治からその話を聞いており、番組中に共演者のなるみに連れられ挨拶に行った。ちなみに岡村は黒船ではなく、「巨大タンカー」との事である[7]
  • 上泉雄一のええなぁ!の1本分のギャラは1万1,000円である[8]
  • あいはらは、NSC大阪校の1年先輩「矢野・兵動」の矢野勝也を嫌っている節がある。相方の黒田に「髪型が似ている」など言われると「何言われてもええけど、それだけはやめてくれ。」と激昂している。矢野はそんなあいはらを可愛がっている。

単独出演の番組[編集]

レギュラー番組[編集]

テレビ
ラジオ

いずれもMBSラジオの生ワイド番組

過去[編集]

テレビ
ラジオ

映画[編集]

CD[編集]

  • この場所で… / 汗臭いおれたちの街 (2009年6月30日)

パラ軍団[編集]

多くがあいはらと同じ「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」所属。最近は新生パラ軍団を結成している。

メンバー[編集]

下記の3人は「パラ娘。」としても活躍していたが解散。今後の活動は不明。

元メンバー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 妻は絶対聞いていないからと『それゆけ! メッセンジャー』で悪口を1回言ったが、番組リスナーでもある店の客に告げ口されて怒られたのでそれ以降は一切言わなくなった[要出典]
  2. ^ 例え話のほとんどが「エロビデオが取り出せなくなった時ぐらいの焦り」等の下ネタなので相方の黒田から「どんな話題からでもエロに持っていきよる」と言われている[要出典]
  3. ^ 複数のレギュラー番組で発言しているが、黒田は「それ言い過ぎやろ!」というツッコミだけで終わらせているのでネタであると考えられている[要出典][誰によって?]
  4. ^ それゆけ!メッセンジャーを休んでの電話出演で「若手の仕事やのに、この年で子供にアイスを配ってました」「子供にメロンを配ってました」と毎年報告している[要出典]

出典[編集]

外部リンク[編集]