コンテンツにスキップ

メタノール毒性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メタノール中毒から転送)
Methanol toxicity
別称 Methanol poisoning
Atomic structure of methanol
概要
診療科 Emergency medicine
症状 Decreased level of consciousness, poor coordination, vomiting, abdominal pain, specific smell on the breath[1][2]
原因 Methanol (such as found in windshield washer fluid)[2][1]
診断法 Blood acidosis, increased osmol gap, methanol blood level[1][2]
鑑別 Infections, exposure to other toxic alcohols, serotonin syndrome, diabetic ketoacidosis[2]
合併症 Blindness, kidney failure[1]
使用する医薬品 Fomepizole, ethanol[2]
治療 Antidote, hemodialysis[2]
予後 Good with early treatment[1]
頻度 1,700 cases per year (US)[3]
分類および外部参照情報

メタノール中毒メタノールによる中毒である[1]。症状は意識レベルの低下、身体能力の貧弱化、嘔吐腹痛、呼吸による特定の口臭[1][2]。早い場合は曝露から12時間後に視覚障害になりえる[2]。長期的な症状には失明や腎不全があげられる[1]。少量の誤飲であっても毒性があり死亡する場合もある[1]

メタノール中毒の多くはウインドウウォッシャー液の誤飲後に発生している[2]。これは偶発的かまたは自殺を試みる為のための場合がある[1]。肌からの浸透や気体を吸収して中毒を引き起こすことは稀である[1]。メタノールが体内に取り込まれるとホルムアルデヒドギ酸に分解され、その結果、多くの健康被害を引き起こす原因となる[2]。診断はアシドーシスまたは浸透圧ギャップが高い場合はメタノール中毒が疑われ、血液レベルの測定により確認される[1][2]。似たような症状が起こる他の原因には感染症、その他の有毒アルコール類の嚥下、セロトニン症候群糖尿病性ケトアシドーシスがあげられる[2]

早期治療による回復の確率は高い[2]。治療は患者を安定した状態にし、その後に解毒剤を使用する[2]。優先される解毒剤はホメピゾールであるが、ない場合はメタノールより体内に取り込まれやすいエタノールを解毒拮抗剤として使用する[4][2]臓器の損傷やアシドーシスが高い場合は血液透析が用いられる場合もある[2]。その他の治療法には炭酸水素ナトリウム葉酸チアミンの使用があげられる[2]

、つまりエタノールを含む飲料への混入により、流行発生することがある[2]。過去には終戦直後の日本でも多発した。開発途上国では今なおよくあることである[2]。アメリカでは2013年に1700件以上のメタノール中毒が発生した[3]。大体影響が診られるのは大人の男性である[3]。早期治療による効果はよい[1]。早くて1856年にはメタノール毒性について記されている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Kruse, JA (October 2012). “Methanol and ethylene glycol intoxication.”. Critical care clinics 28 (4): 661–711. doi:10.1016/j.ccc.2012.07.002. PMID 22998995. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Beauchamp, GA; Valento, M (September 2016). “Toxic Alcohol Ingestion: Prompt Recognition And Management In The Emergency Department.”. Emergency medicine practice 18 (9): 1–20. PMID 27538060. 
  3. ^ a b c Ferri, Fred F. (2016) (英語). Ferri's Clinical Advisor 2017: 5 Books in 1. Elsevier Health Sciences. p. 794. ISBN 9780323448383. オリジナルの2017-09-08時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=rRhCDAAAQBAJ&pg=PA794 
  4. ^ 【4】Q&A 薬物中毒について 大分大学
  5. ^ Clary, John J. (2013) (英語). The Toxicology of Methanol. John Wiley & Sons. p. 3.4.1. ISBN 9781118353103. オリジナルの2017-09-08時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=xSs8oDQV4uYC&pg=PT44 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]