メゼレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メゼレイン
識別情報
CAS登録番号 34807-41-5
PubChem 22833497
日化辞番号 J53.914G
特性
化学式 C38H38O10
モル質量 654.7 g mol−1
外観 無色固体[1]
への溶解度 不溶
危険性
安全データシート(外部リンク) LC Laboratories
EU分類 Irritant Xi
主な危険性 刺激性
Rフレーズ R38
Sフレーズ S22, S24/25
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

メゼレイン(mezerein)は12β-ヒドロキシダフネトキシンキサントフィルエステルである。メゼレインは動物実験において抗がん活性を示す[2]

1970年に、ジンチョウゲ属 (Daphne) 植物セイヨウオニシバリ (Daphne mezereum)から単離・構造決定された[3]。メゼレインはダフネトキシンと同様にプロテインキナーゼCを活性化する[4][5][6]

分布[編集]

メゼレインは主にセイヨウオニシバリ (Daphne mezereum)といったジンチョウゲ属 (Daphne) 植物の種子に含まれている。種子には0.1%程のメゼレインが含まれており、さらにダフネトキシンも含まれている。果実やその他の部位の毒性は低い[7]Daphne mezereum種子は、吐剤や便秘薬、抗がん剤として利用される。外用としては痛風やリウマチ、皮膚病に使用される。農業分野では、この種子は魚毒としても使用されていた。

効果および危険性[編集]

Daphne mezereum種子のエタノール/水抽出物はアメリカ国立癌研究所 (NCI) の標準プロトコルである白血病細胞株P-388に対して経口で増殖抑制活性を示し[8]、マウス白血病細胞株P-1210に対しても50 μg/kgで活性を示す。メゼレインを12〜13 μg/回の濃度で経皮投与すると発がん促進作用を示す[2]

ヒトに対してはメゼレインおよびDaphne mezereum種子は高い毒性を示し[9]、経口摂取すると数時間後に口および喉の焼けつくような感覚、顔および唇の腫れ、口渇英語版、吐き気、出血性下痢といった深刻な症状を引き起こす。メゼレインの慢性摂取は腎臓に損傷を与える。10から12粒の種子を摂取すると死に至る。外部的には、メゼレインは強力な皮膚刺激や腫れ、水膨れ、激しいかゆみを引き起こす。皮膚接触の影響閾値は約1 μgである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Mezerein, from Daphne mezereum, ≥97% (HPLC)”. 2012年1月5日閲覧。
  2. ^ a b H. H. J. Hager, F. v. Bruchhausen: Hagers Handbuch der pharmazeutischen Praxis. Bd. 2, Drogen A-K, S. 503–505, Birkhäuser-Verlag, ISBN 3-540-61618-7.
  3. ^ Ronlán A, Wickberg B (1970). “The structure of mezerein, a major toxic principle of Daphne mezereum L.”. Tetrahedron Lett. 11 (49): 4261-4264. doi:10.1016/S0040-4039(00)89459-9. PMID 5495053. 
  4. ^ Miyake R, Tanaka Y, Tsuda T, Kaibuchi K, Kikkawa U, Nishizuka Y (1984). “Activation of protein kinase C by non-phorbol tumor promoter, mezerein”. Biochem. Biophys. Res. Commun. 121 (2): 649-656. doi:10.1016/0006-291X(84)90231-6. PMID 6233978. 
  5. ^ Couturier A, Bazgar S, Castagna M (1984). “Further characterization of tumor-promoter-mediated activation of protein kinase C”. Biochem. Biophys. Res. Commun. 121 (2): 448-455. doi:10.1016/0006-291X(84)90203-1. PMID 6233976. 
  6. ^ Saraiva, L.; Fresco, P.; Pinto, E.; Portugal, H.; Gonçalves, J. (2001). “Differential Activation by Daphnetoxin and Mezerein of PKC-Isotypes α, βI, δ and ζ”. Planta Med. 67 (9): 787-790. doi:10.1055/s-2001-18843. 
  7. ^ R. Hegnauer, M. Hegnauer: Chemotaxonomie Der Pflanzen: Eine Übersicht über die Verbreitung und die systematische Bedeutung der Pflanzenstoffe, Birkhäuser-Verlag, 1973, ISBN 3-7643-0667-X.
  8. ^ Kupchan, S. M.; Baxter, R. L. (1975). “Mezerein: antileukemic principle isolated from Daphne mezereum L.”. Science 187 (4177): 652-653. doi:10.1126/science.1114315. 
  9. ^ E. Beubler: Kompendium der Pharmakologie: Gebräuchliche Arzneimittel in der Praxis. S. 248, Springer-Verlag, 2007, ISBN 3-211-72054-5.