メクラチビゴミムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メクラチビゴミムシ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目(鞘翅目) Coleoptera
亜目 : オサムシ亜目(食肉亜目) Adephaga
上科 : オサムシ上科 Caraboidea
: オサムシ科 Carabidae
亜科 : チビゴミムシ亜科 Trechinae

メクラチビゴミムシチビゴミムシ亜科ゴミムシのうち、地下生活に強く適応した結果複眼を失った一群の総称である。かつては洞窟で進化した洞穴生物と考えられた。しかし、洞穴生物学の研究の進展により、土壌より下層の地下浅層と呼ばれる層で、風化した岩石の間に形成された間隙に適応して進化した昆虫であり、洞窟以外でも地下の広い範囲に生息することが明らかになった。

概要[編集]

地下浅層の岩石間の亀裂のネットワークに生息するため地域ごとに個体群が隔離されがちで、狭い地域ごとに固有種が種分化しており、日本だけでも230300以上が確認されている。

いわゆる洞穴生物の通例の通り目が退化しているが、その代わりに感覚毛が長く伸びて発達している。

メクラチビゴミムシ類など洞穴性の甲虫の研究は、元国立科学博物館上野俊一の洞穴生物学の研究で重要な位置を占めており、彼の一連の研究によって洞穴生物の生物学上の位置づけに新しい視野がもたらされた。つまり、洞穴固有と考えられていた、極端に地下生活に適応した多くの無脊椎動物が、洞穴以外の地下浅層に広範に生息し、その延長線上で洞穴にも進出していることが明らかになったのである。こうした経緯で、日本から新種記載されているメクラチビゴミムシ類の相当数が上野の記載による。

近年になって多くの種類がレッドリスト昆虫類に載るようになってきている。生息地が狭いこともあり保護は進んでいない。カドタメクラチビゴミムシ Ishikawatrechus intermediusコゾノメクラチビゴミムシ Rakantrechus elegans は2020年時点で環境省の昆虫類レッドリストにて絶滅環境省レッドリスト)として記載されている[注 1][1]

改名騒動[編集]

和名に差別的に聞こえる要素があるため、日本の昆虫学研究者の間でも改名すべきか否かで議論が絶えない。現在のところ、このグループの研究を日本で牽引してきた上野俊一が、実際の差別と言葉は無関係であり、標準和名は学名に対応しており、変えると混乱を招くとする改名反対の主張を強く行っているため、当面改名されない模様である。

日本に生息する種類[編集]

ナガチビゴミムシ群[2]

ナガチビゴミムシ属 Trechiama[2]
北海道本州四国九州北部および淡路島兵庫県)・小豆島香川県)などに生息し、海外では中国大陸台湾でも確認されている[3]。有眼種から完全な盲目種まで含まれる属である[3]
キイメクラチビゴミムシ属 Kusumia[2]
本州の紀伊半島にのみ生息し、比較的大型の盲目種で構成される[4]
ツヤメクラチビゴミムシ属 Ishikawatrechus[5]
四国固有の属で[5]、大半の種類が準絶滅危惧に指定されている。
カドタメクラチビゴミムシ Ishikawatrechus intermedius S. Uéno, 1957 (体長4.5 - 5.7 mm)は高知県吾川郡いの町(旧:伊野町)の石灰洞「大内洞」[注 2]で1952年に発見されたが、1960年代後半から生息地周辺で行われた石灰岩採掘により生息地が破壊され、絶滅が宣言されている[5]。しかし2011年 - 2015年にかけて原記載地付近の地中(地下浅層)から再発見され[注 3]、高知県のレッドデータブック(2018年版・動物編)ではランクが絶滅種(EX)から絶滅危惧I類(CR+EN)に下方修正されている[8]
ラカンメクラチビゴミムシ属 Rakantrechus [2]
本州西端部や四国の一部・九州に分布し5亜属から構成される[9]
サイカイメクラチビゴミムシ亜属 Paratrechiama[10]
ラカンメクラチビゴミムシ属の亜属で、九州中央部に固有[10]。コゾノメクラチビゴミムシ Rakantrechus elegans S. Uéno, 1960 (体長4.5 - 5.3 mm)は大分県津久見市にあった石灰洞(小園の穴)で1955年に発見されたが、1960年代に生息地周辺で行われた石灰岩採掘により生息地が破壊され、絶滅が宣言されている[10]

アトスジチビゴミムシ群[2]

ノコメメクラチビゴミムシ属 Stygiotrechus[2]
瀬戸内海周辺地域から九州北部・五島列島に生息している。
チョウセンメクラチビゴミムシ属 Coreoblemus[2]
対馬長崎県)・朝鮮半島に生息している。日本に生息しているのはツシマメクラチビゴミムシのみで、他は朝鮮半島に生息している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年現在、環境省レッドリスト(昆虫類)にて絶滅種に選定されている種はこの2種とスジゲンゴロウ Prodaticus satoi ・キイロネクイハムシ Macroplea japana (いずれも甲虫目)の計4種である[1]
  2. ^ 「大内洞」は旧:伊野町大内にあった横250 mの洞窟で「白蛇洞」の別名があった[6]。標高163 mの丘の北面に開口していた中規模の石灰洞だったが、石灰岩採掘により丘そのものが消滅した[5]。近隣地域(東西5.5 km、南北2.5 km)は本種を含め、系統の異なる4種のチビゴミムシ類が異所的に生息する生物地理学・系統学上きわめて重要な場所だった[5]
  3. ^ 原記載地(大内洞)より南方にて発見・採取されたメクラチビゴミムシが本種であることが確認された[7]

出典[編集]

  1. ^ a b 環境省 2020, p. 18.
  2. ^ a b c d e f g 芦田 2008.
  3. ^ a b 芦田久(関西チビゴミ研究グループ代表). “日本産チビゴミムシ亜科目録, Web版>10. Genus Trechiama JEANNEL, 1927 ナガチビゴミムシ属” (日本語). 関西チビゴミ研究グループ. 2008年7月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年4月23日閲覧。
  4. ^ 芦田久(関西チビゴミ研究グループ代表). “日本産チビゴミムシ亜科目録, Web版>16. Genus Kusumia? S. UENO, 1952 キイメクラチビゴミムシ属” (日本語). 関西チビゴミ研究グループ. 2005年4月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年4月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e 環境省 & ぎょうせい 2015, p. 3.
  6. ^ 満塩大洸、高知大学学術探検部「高知県における洞穴の総括-特に第四紀における環境変化に関連して-」『高知大学学術研究報告』第50巻、高知大学、2001年12月25日、 71頁、 ISSN 03890244NAID 110000430181 - Archived 2020年4月23日, at the Wayback Machine.
  7. ^ Kazuki Sugaya; Ryo Ogawa; Yusuke Hara (2017年2月26日). “Rediscovery of the “extinct” blind ground beetle (Coleoptera: Carabidae: Trechinae)” (英語). Entomological Science (日本昆虫学会) 20 (1): 159-162. doi:10.1111/ens.12243. ISSN 14798298. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/ens.12243. 
  8. ^ 高知県レッドデータブック2018 動物編 高知県注目種ガイド』高知県レッドデータブック(動物編)改訂事業 改訂委員会、高知県林業振興・環境部 環境共生課、2018年10月15日、175頁。 - Archived 2020年4月23日, at the Wayback Machine.
  9. ^ 芦田久(関西チビゴミ研究グループ代表). “日本産チビゴミムシ亜科目録, Web版>12. Genus Rakantrechus??S. UENO, 1951 ラカンメクラチビゴミムシ属” (日本語). 関西チビゴミ研究グループ. 2005年4月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年4月23日閲覧。
  10. ^ a b c 環境省 & ぎょうせい 2015, p. 4.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]