メキシコの行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メキシコの行政区画(メキシコのぎょうせいくかく)について以下に述べる。

メキシコの地方行政区画は、メキシコ革命中の1917年に制定された憲法によって規定されている。

[編集]

メキシコの第一級行政区画は、32の(estado)から構成される。かつて首都メキシコシティは「連邦区」(Distrito Federal)と呼ばれて州とは別の連邦直属の行政区画だったが、2016年に憲法が改正されて32番目の州になった[1]

メキシコは人口の偏りが激しいために州の大きさは多様であり、中央メキシコのトラスカラ州の大きさは滋賀県ほどだが、北のチワワ州本州より広い。

各州は州知事を最高責任者とする州政府、州議会、州憲法および州法、裁判所を持つ。州知事や州議会議員は直接選挙によって選出される[2]

ムニシピオ[編集]

州の下にはムニシピオ(municipio)が置かれる。ムニシピオは「郡」と呼ばれることもあるが[3]、自治性が高く、知事(presidente)と議会を持つ。知事と議員は直接選挙によって選出される。

メキシコには全部で2,438のムニシピオが置かれている。州ごとのムニシピオの数はまちまちであり、バハ・カリフォルニア州には5つのムニシピオしかないのに対して、オアハカ州には570のムニシピオがある[4]

市町村[編集]

日本でいう市町村にあたるものは、まとめてロカリダード(localidad)と呼ばれる。メキシコ国立統計地理情報院(INEGI)の定義によれば、ロカリダードとは1軒以上の住居(人が住んでいなくてもよい)があり、法律または慣習によって名前が与えられているものをいう[5]

各ムニシピオには1つの筆頭市(cabecera municipal)があり、ムニシピオの政府が置かれる。筆頭市はしばしばムニシピオと同じ名前を持つ。

その他の区画[編集]

州によってはムニシピオがいくつかに下位区分されることがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『メキシコ政治情勢(1月)』 在メキシコ日本国大使館http://www.mx.emb-japan.go.jp/enero2016jp.html 
  2. ^ 総務省(2010) p.45
  3. ^ 総務省(2010) p.46
  4. ^ 総務省(2010) pp.46-47
  5. ^ INEGI (2010) p.9

関連項目[編集]

参考文献[編集]