メインストリート・ヴィークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メインストリート・ヴィークルMain Street Vehicles)、もしくはオムニバスOmnibus)は、ディズニーパークにあるアトラクションの一つ。

このアトラクションが存在するパーク[編集]

概要[編集]

メインストリートUSA内(東京ではワールドバザールのプラザ内)を走る乗り合い自動車。エリアが再現している時代設定と同じく、20世紀初頭アメリカに走っていた自動車、もしくは馬車をモチーフとしている。

各施設紹介[編集]

東京ディズニーランド[編集]

オムニバス
オープン日 1983年4月15日 (東京ディズニーランドと同時にオープン)
スポンサー なし
所要時間 約6分
定員 33名
利用制限 Hight Requirement.svg なし
ファストパス Fastpass availability icon.svg 対象外
シングルライダー Single rider line availability icon.svg 対象外

このアトラクションはプラザを2階建てバスで一周するというアトラクションである。バスは2台存在し、2台とも同じ形をしており、ワールドバザールの屋根と同じ深緑色をしている。乗り場はプラザの北東側にある。同じ乗り場に戻ってくるため、移動手段としては利用できない。車体の側面には東京ディズニーランドのアトラクションのポスターが描かれており、車内には東京ディズニーランドの各所の写真が飾られている。また、移動中は運転手がガイドとなり、東京ディズニーランドの詳しい解説をしてくれる。アトラクション名の"オムニバス"は「乗り合い自動車」という意味で("バス"という言葉もこの"オムニバス"という言葉が由来。もともと"オムニバス"はラテン語で「すべての人のために」という意味)、20世紀はじめにニューヨークを走っていたバスをモチーフにしている。

このアトラクションは、パレードおよびショーが実施される時間は運行を中止し、バックステージへと帰っていく。

車体はアトラクションとして使われるほかに、パレードなどにも登場することがある。その場合は、中にディズニーキャラクターが乗っている。

2014年以降はイベントのパレードがない期間のみの運営となっている。

2017年3月18日からは、スペシャルイベント実施期間中も運営を行うように戻った。ワンス・アポン・ア・タイムの抽選が行われず、中央鑑賞エリアに椅子が設置されない状態が続いており、中央鑑賞エリアの横断が容易になったことが理由である。 なお、プラザとキャッスルフォアコートの間でパレードを鑑賞する際は、オムニバスの運行が終了するまで、予め定められた待機場所に並ぶ必要がある。


外部リンク[編集]