メアリー・ブーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メアリー・ブーリン
Mary Boleyn
Mary Boleyn.jpg
出生 1499/1500年
死去 1543年7月19日
配偶者 サー・ウィリアム・キャリー(en)(1520年 - 1528年)
  ウィリアム・スタッフォード(en)(1534年 - 1543年)
父親 初代ウィルトシャー伯トマス・ブーリン
母親 エリザベス・ハワード
テンプレートを表示

メアリー・ブーリン(Mary Boleyn, 1499年/1500年頃 - 1543年7月19日)は、イングランドヘンリー8世の時代に影響力のあったブーリン家の一員である。メアリーは初代ウィルトシャー伯爵トマス・ブーリンとその妻エリザベス・ハワードの娘であり、アン・ブーリン王妃の姉妹であった。どちらが姉であったかについては歴史家の間で諸説ある。姉妹のアンとともにフランス宮廷に渡っていたが、先に帰国して、アンとは異なるその美貌をヘンリー8世に見初められて愛人となる。アンが魅力に乏しかったことは、当時の一次史料に残っているが[1]、美貌であったメアリーは縁談があり、1520年にイングランド貴族サー・ウィリアム・キャリー(Sir William Carey)の妻となったため、最初からヘンリー8世の再婚相手とは見なされず、愛人として遇された。

メアリーはヘンリー8世の愛人の一人であり、ライバルのフランスフランソワ1世の愛人でもあったと主張する者もいるが、確たる根拠はない[2]。姉あるいは妹のアン・ブーリンもまた、フランスでは愛人はいなかったという伝承もあるが、イングランドに帰国するや、トマス・ワイアットやヘンリー・パーシーといった恋人ができ、不倫反逆裁判において表沙汰となった。

メアリーは2度結婚した。最初の結婚相手は前述のサー・ウィリアム・キャリーで、2人の子供が生まれている。2度目の結婚はウィリアム・スタッフォード(William Stafford)という平民で、恋愛結婚だった。

子孫[編集]

メアリー・ブーリンの子孫には、エリザベス1世の寵臣エセックス伯ロバート・デヴァルーの他、ウィンストン・チャーチルP・G・ウッドハウス[3][4]エリザベス王太后ダイアナ妃セーラ妃チャールズ・ダーウィンなど多くの有名人が含まれる。

称号[編集]

  • Lady Boleyn(1500年頃 - 1520年)
  • Lady Carey (1520年 - 1525年)
  • Lady Carey; The Hon. Mary Carey (1525年 - 1529年)
  • Lady Carey; Lady Mary Carey (1529年 - 1532年)
  • Lady Mary Stafford (1532年 - 1543年)
メアリーは1520年にサー・ウィリアム・キャリーと結婚したことでLady Careyとなった。1525年には彼女の父親がロッチフォード子爵になったことでLady Carey; The Hon. Mary Careyとなった。1529年には彼女の父親がウィルトシャー伯になったことによりLady Mary Careyとなった。

脚注[編集]

  1. ^ In the early 1530s, the Venetian ambassador Savorgnano wrote
  2. ^ Letters and Papers of the Reign of Henry VIII, X, no.450.
  3. ^ Charles Mosley, Burke's Peerage and Baronetage, 107th edition
  4. ^ thePeerage.com - Person Page 3638