メアリー・オブ・グレート・ブリテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メアリー・オブ・グレート・ブリテン
Mary of Great Britain
ハノーヴァー家
PrincessMaryofGreatBritain LandgravineofHesse.jpg
出生 (1723-03-05) 1723年3月5日
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン、レスターハウス
死去 (1772-01-14) 1772年1月14日(48歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ハーナウ
配偶者 ヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ2世
子女 一覧参照
父親 グレートブリテンジョージ2世
母親 キャロライン・オブ・アーンズバック
テンプレートを表示

メアリー・オブ・グレートブリテン(Mary of Great Britain, 1723年3月5日 - 1772年1月14日)は、ヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ2世の最初の妃。ドイツ語名マリア・フォン・ハノーファー(Maria von Hannover)。

生涯[編集]

イギリス王太子ジョージ(後のジョージ2世)と妃キャロラインの娘として、ロンドンのレスターハウスで誕生。

1740年6月、カッセルでフリードリヒと結婚。夫との間に4子を生むが(1人は夭折)、1754年に別居した。フリードリヒが1760年に方伯位を継ぐと、形式上は方伯妃となった。

1772年、メアリーはハーナウで死去した。

子女[編集]

ヘッセン方伯妃マリア