ムー (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mø (203141).jpg
スタヴェルンフェスティバル英語版でパフォーマンスするムー(2016年)
基本情報
生誕 (1988-08-13) 1988年8月13日(31歳)
出身地  デンマーク·フュン島ウベルーズ英語版
ジャンル エレクトロ・ポップ[1][2]シンセポップ[3]インディー・ポップ[1][4]
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルピアノ
活動期間 2012年 - 現在
レーベル チェス・クラブ、RCA

カレン・マリー・アーガード・エルステッドKaren Marie Aagaard Ørsted1988年8月13日 - )は、ムー[m]デンマーク語発音: [mœ])の芸名で知られるデンマーク女性シンガーソングライターウベルーズ英語版で生まれたムーは、グライムスツイン・シャドウといったエレクトロ・ポップアーティストと比較される[5]。彼女の芸名は、名前と姓の頭文字のほかに、デンマーク語で「少女」または「処女」を意味する[6]。彼女のデビュースタジオ・アルバムノー・マイソロジー・トゥ・フォロー英語版」は、2014年3月発売された[7]

ムーは、イギー・アゼリアの2014年のシングル「ベッグ・フォー・イット英語版」に客演した。この曲は、Billboard Hot 100で最高27位を記録し、ムーにとって最初のチャート入り曲となった[8]。翌年、ムーはメジャー・レイザーDJスネーク英語版のシングル「リーン・オン英語版」でフィーチャーされ、オーストラリアで首位を獲得したほか、イギリスで最高2位、アメリカで最高4位を記録するなど国際的なチャートで高く評価された。

音楽性[編集]

ムーの音楽は「ガッツのあるエレクトロ・ミュージック」と言われている。NMEは彼女の仕事をスージー・スー英語版ジャネット・ジャクソンの中間と呼んだ[9]

彼女は7歳のときにスパイス・ガールズの影響で音楽に興味を持つようになった[10]。10代のときに、彼女はパンク・ロック反ファシズム運動に興味を持った。ブラック・フラッグニルヴァーナスマッシング・パンプキンズヤー・ヤー・ヤーズ、特にソニック・ユースを聴き、キム・ゴードン英語版を「大きなヒーローでありお手本」としている[11]

ディスコグラフィ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b MØ Bio”. AllMusic. 2018年2月26日閲覧。
  2. ^ Raymer, Miles (2015年3月2日). “Diplo's Major Lazer project teams up with DJ Snake and MØ for 'Lean On'”. Entertainment Weekly. 2016年11月6日閲覧。
  3. ^ “How Do You Pronounce Danish Singer MØ's Name? Hint: Your Guess Is Probably Wrong”. Billboard. (11 November 2014). オリジナルの14 December 2014時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141214103826/http://www.billboard.com/articles/news/6312295/pronounce-danish-singer-M%C3%98-mo-name 2016年11月6日閲覧。. 
  4. ^ Carley, Brennan (2014年12月30日). “Mø Reflects on 2014 With Emotional New Single, 'New Year's Eve'”. Spin. 2016年11月6日閲覧。
  5. ^ Lester, Paul (2012年10月12日). “New band of the day: MØ (No 1,371)”. The Guardian. 2014年4月3日閲覧。
  6. ^ Interview, MØ : A tomboy chasing dreams”. Crumb Magazine (2013年3月19日). 2018年2月26日閲覧。
  7. ^ Reviews for No Mythologies to Follow by MØ”. Metacritic. CBS Interactive. 2014年3月14日閲覧。
  8. ^ Wass, Mike (2014年10月10日). “Iggy Azalea Is Going To Perform On 'SNL' And Release 'Beg For It' (Featuring Mø) As Her Next Single”. Idolator. Spin Media. 2014年10月11日閲覧。
  9. ^ Levine, Nick (2013年7月5日). “MØ - Waste Of Time”. NME. 2014年8月5日閲覧。 “...she's like a cross between Siouxsie Sioux and '90s Janet Jackson...”
  10. ^ Amendt, Sander (2014年6月24日). “"Society waits for nobody" – Pop's newest outsider MØ interviewed”. Electronic Beats. 2014年8月3日閲覧。
  11. ^ MØ - Interview: DSCVR ONES TO WATCH”. 2014年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]