ムーンクリスタル (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムーンクリスタル
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ヘクト
発売元 ヘクト
シナリオ おだちひろよ
プログラマー まつもとともなり
音楽 多和田吏
美術 おだちひろよ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 199208281992年8月28日
その他 型式:HCT-MS/017
テンプレートを表示

ムーンクリスタル』 (MOON CRISTAL) は、1992年8月28日ヘクトより発売された日本ファミリーコンピュータアクションゲームソフト。

概要[編集]

洋ゲーの雰囲気が漂う横スクロールのアクションゲーム。ファミコン末期のソフトであることからグラフィックは豪華であり、当時のゲームとしては珍しく漢字も表示される。主人公は緑髪の少年「リッキィ」で、アクションシーンでは冒険を手助けしてくれる仲間は登場しないが、ストーリーシーンには金髪少女の「ロジーナ」などが登場。そのドット絵にはファンが多く、中古品が3万円を超える高値で取引されたという報告もある[1]

ゲーム内容[編集]

設定[編集]

ストーリー[編集]

ステージ構成[編集]

ステージ数 ステージ名 ボス 備考
STAGE1 EVIL FOREST 木こり
STAGE2 MAYLAID STREET よく跳ねる人
STAGE3 COUNT' CASTLE 偽クリムゾン伯爵
STAGE4 PIRATE SHIP 海賊
STAGE5 MACLONNA MINE 岩石を投げる男
STAGE6 LABORATORY ゲルシュタイン(第一形態)
ゲルシュタイン(第二形態)
クリムゾン伯爵(第一形態)
クリムゾン伯爵(第二形態)
STAGE7 なし プレイヤーは針をよけながらステージを脱出する。

スタッフ[編集]

  • ストーリー:おだちひろよ
  • グラフィック:おだちひろよ、S.ODA、J.J、ETOYAN、Y.HAAYSHI
  • プログラム:S.OHOKA、まつもとともなり、T.KAWAKAMI
  • サウンド:多和田吏
  • スペシャル・サンクス:PEKOPON、WANISAN

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 24/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 17.0/30点[3]
  • ゲーム誌『ファミコン通信」の「クロスレビュー」では、5・7・6・6の合計24点(満40点)となっており[2]、レビュアーの意見としては、「キャラクターのアニメーションがきれい」、「滑らかさが災いして動きが緩慢になっちゃってるのが残念」などと評されている[2]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 2.9 2.9 2.8 2.9 2.8 2.8 17.0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』41ページ
  2. ^ a b c ファミコン通信』、アスキー1992年9月4日
  3. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 137頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]