ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です
ジャンル ドラマヒューマン
原作 キム・セピョルチョン・エウォン『去ったあとに残された物たち』
企画 Netflix
脚本 ユン・ジリョン
演出 キム・ソンホ
国・地域 大韓民国の旗 韓国
言語 朝鮮語
製作
プロデューサー チョン・ジェユンキム・ミナ
制作

ページワン・フィルム

ナンバースリー・ピクチャーズ
テンプレートを表示

ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です』(ムーブ・トゥ・ヘブン: わたしはいひんせいりしです、: 무브 투 헤븐: 나는 유품정리사입니다: Move to Heaven)は、2020年に制作、2021年に配信されたNetflixオリジナル・シリーズの韓国ドラマ。主演はイ・ジェフンタン・ジュンサン

アスペルガー症候群のグル(タン・ジュンサン)とその叔父サング(イ・ジェフン)の物語。グルの父の死を通じて引き合わされた2人は、やがて故人の遺品を処分する商売を共に営むようになります。遺品整理士として働くうちに、グルとサングは様々な遺族の物語を発見し、人生、死、家族について複雑な感情や思いを経験していく[1]

本シリーズは、遺品整理を専門とするキム・セビョルによるノンフィクション・エッセイ『去ったあとに残された物たち』(原題『떠난 후에 남겨진 것들』)から着想を得ている。

監督を務めるのは、映画「犬どろぼう完全計画」の人道主義的なアプローチで知られるキム・ソンホ。脚本は「花より男子~Boys Over Flowers」「エンジェルアイズ」などのドラマを手掛けたユン・ジリョン。

2020年3月から9月にかけて清州市一体で撮影された[2]

2021年、釜山国際映画祭内「第3回アジアコンテンツアワード」で「ベストクリエイティブ」(最優秀作品賞)、「ベストアクター」(最優秀俳優賞: イ・ジェフン)、「ベストライター」(最優秀脚本賞: ユン・ジリョン)の三冠を達成するなどの高い評価を受けた[3]

あらすじ[編集]

出演[編集]

ムーブ・トゥ・ヘブン社の遺品整理士。
遺品整理士でサングの甥。先天的障害を持つ。
ハン・グルの隣人で友人。
ユン・ナムの父、チキン店経営。
ユン・ナムの母。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]