ムーブバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムーブバックとは、BD(BD-R、もしくはBD-RE)に録画・ダビングした番組をBDレコーダーに書き戻す機能。[1]

2009年11月に認定されたAACSのFinalLicenseにもとづき導入された機能で[1]Panasonicが2010年9月に発売したDIGAに初めて導入され、以降他のメーカーのBDレコーダーにも実装された。

なおDVD(DVD-R,DVD-RW、DVD-RAM)には規格上の問題でムーブバックはできない。[1]

また、ムーブを行う必要があるため、ファイナライズを行ったBD-Rからはムーブバックを行うことができない。[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c BDからHDDへのムーブが可能になった理由”. 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ 録画した地デジ番組をBDメディアに焼くときのポイント”. 2017年9月20日閲覧。