ムンプスウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムンプスウイルス
Mumps virus, negative stained TEM 8758 lores.jpg
ムンプスウイルス
分類
レルム : リボウィリア Riboviria
: オルトルナウイルス界 Orthornavirae
: ネガルナウイルス門 Negarnaviricota
亜門 : ハプロウイルス亜門 Haploviricotina
: モンイウイルス綱 Monjiviricetes
: モノネガウイルス目 Mononegavirales
: パラミクソウイルス科 Paramyxoviridae
亜科 : ルブラウイルス亜科 Rubulavirinae
: オルトルブラウイルス属 Orthorubulavirus
: ムンプスウイルス Mumps orthorubulavirus

ムンプスウイルス(Mumps orthorubulavirus)は、パラミクソウイルス科ルブラウイルス亜科オルトルブラウイルス属に属する[1]流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の原因ウイルスである。

ビリオンは、直径150 - 300nmで球状になっており、カプシドの内部には転写に必要な複合体構造がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Virus Taxonomy: 2019 Release”. 国際ウイルス分類委員会 (ICTV). 2020年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]