ムレハタタテダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムレハタタテダイ
Heniochus diphreutes by NPS.jpg
ムレハタタテダイHeniochus diphreutes
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: チョウチョウウオ科 Chaetodontidae
: ハタタテダイ属 Heniochus
: ムレハタタテダイ H. diphreutes
学名
Heniochus diphreutes
D. S. Jordan, 1903
英名
Schooling bannerfish
False moorish idol
ムレハタタテダイの群れ

ムレハタタテダイ(群旗立鯛、学名:Heniochus diphreutes)は、スズキ目チョウチョウウオ科に属する魚類の一種。

形態[編集]

  • 全長は約21cm[1]
  • 背鰭のが長く伸びる[2]
  • 白地の体に2本の太い黒色帯が走る。背鰭の後半部・尾鰭は黄色である。
よく似た種
ツノダシ(左上下)、ムレハタタテダイ(右上)、ハタタテダイ(右下)

よく似た種で「ハタタテダイ」がいる。

両種は外見上非常に酷似しているが、

  • 背鰭の棘の数が、本種は12本、ハタタテダイは11本である。
  • 尾鰭の縁が、本種は丸いが、ハタタテダイは尖る。
  • 口から腹鰭にかけての輪郭が、本種は丸く張り出るが、ハタタテダイは直線である。

といった相違点がある。

生態[編集]

雑食で、プランクトン、藻類などを食べる[1]

水面直下 - 200m以深に生息する[1]。サンゴ礁よりは砂地を好み、温帯や熱帯の深場のような水温が低い場所にいる。数百匹の大群で外洋に面した中層を泳ぐが、南日本では大きな群れはつくらない。[3]

分布[編集]

ハワイオーストラリアなどの中・西部太平洋インド洋紅海に分布する[3]。日本では本州中部以南に分布している[1]。ハタタテダイとはスリランカモルディブ、オーストラリア、日本で分布が被る[3]

人とのかかわり[編集]

観賞魚。ハタタテダイとは性質の差異がほとんどないとされる[3]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]