ムラサキツユクサ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムラサキツユクサ
Tradescantia ohiensis1.jpg
ムラサキツユクサ(Tradescantia ohiensis
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ツユクサ目 Commelinales
: ツユクサ科 Commelinaceae
: ムラサキツユクサ属 Tradescantia
  • 本文参照

ムラサキツユクサ属(むらさきつゆくさぞく、学名:Tradescantia)とはツユクサ科の属の1つ。別名はトラデスカンティア属

温暖な地域を中心に200種くらいが分布する。

主な種[編集]

ムラサキツユクサT. ohiensis
鑑賞用によく栽培されている。花期は6〜9月頃。原産地は北アメリカ。また、オシベの毛を細胞の原形質流動の観察でよく使う。
オオムラサキツユクサ(T. virginiana
トキワツユクサT. fluminensis
帰化植物として野生化している。斑入り種は、観葉植物として栽培される。
T. albiflora
観葉植物として栽培される。
ムラサキゴテンT. pallida, 'Purpurea' )
シマムラサキツユクサT. zebrina
観葉植物としてよく栽培されている。原産地はメキシコ。縦に縞の入った葉が特徴。