ムラサキサギゴケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムラサキサギゴケ
ムラサキサギゴケ
2006年4月26日撮影(川崎市麻生区)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: ハエドクソウ科 Phrymaceae
亜科 : サギゴケ亜科 Mazoideae
: サギゴケ属 Mazus
: ムラサキサギゴケ M. miquelii
学名
Mazus miquelii
Makino
和名
紫鷺苔、鷺苔
英名
Miquel's mazus

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔、Mazus miquelii)は、ハエドクソウ科多年草。別名、サギゴケ(鷺苔)。ただし、本種の白花に限ってサギゴケということもある。和名は、花が紫色で、形がサギ(鷺)に似ていることから。

特徴[編集]

日本本州四国九州の湿ったあぜ道などの日当たりの良い場所に生える多年草。匍匐茎で広がっていく[1]

花期-初夏(たまに)で、中央の黄褐色の部分にが生えている。花の上唇は深裂するが、裂け目の角度が浅くわかりにくいことがある。

4本の雄蕊と1本の雌蕊を持ち、柱頭は2つに分れ触れると閉じる(柱頭運動)。これは送粉者に付着した花粉を積極的に取り込み受粉を促す役割をしていると考えられている。この動きを律動にたとえジョロウバナの別称があるが、漢字で女郎花と書くとこれはオミナエシをさす[2]

変種[編集]

  • サギゴケ Mazus miquelii f. albiflorus (Makino) Makino
  • モモイロサギゴケ Mazus miquelii f. roseus (Honda) Nakai
  • ジャカゴソウ Mazus miquelii f. contractus (Makino) Sugim. ex T.Yamaz.

近縁種[編集]

本種と似た同植物に一年生のトキワハゼがある。

参考文献[編集]

  1. ^ 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』 秀和システム2006年11月5日ISBN 4-7980-1485-0
  2. ^ 稲垣栄洋, 三上修 『身近な野の草 日本のこころ』 筑摩書房ちくま文庫〉、2014年3月10日、111頁。ISBN 978-4480431387

関連項目[編集]

外部リンク[編集]