ムハンマド (イルハン朝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ムハンマド(? - 1338年)は、イルハン朝ハン(在位:1336年 - 1338年)。イルハン朝の創始者フレグの子モンケ・テムルの玄孫に当たる。ヨル・クトルグの子。

アルパ・ケウン・ハンの死後、ジャライル部の有力者タージュ・ウッディーン・ハサン・ブズルグジャライル朝の創始者)によって、1336年にハンに擁立された。ムーサーをハンに擁するアリー・パーディシャーを破った後、大ハサンに伴われてタブリーズの宮殿に移り住んだ。1338年7月10日にアゼルバイジャンシャイフ・ハサン(イルハン朝の軍人チョバンの孫。チョバン朝の創始者)と対陣、自軍の将軍ピール・フサイン(チョバンの孫。シャイフ・ハサンの従兄弟)が敵と内通していることに感づいた大ハサンはタブリーズに撤退する。彼は退かずに小ハサンと戦うが敗れ、捕殺された。

没時、まだ成年に達していなかった。

参考文献[編集]

先代:
ムーサー
イルハン朝
1336年 - 1338年
次代:
ジハーン・テムル
(大ハサンによって擁立)