ムハンマド常勝軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムハンマド常勝軍の行軍
マフムト2世

ムハンマド常勝軍 (ムハンマドじょうしょうぐん、オスマン・トルコ語:عساكر منصورهٔ محمديه、Asâkir-i Mansûre-i Muhammediye、カナ転写:アサーキリ・マンスーレイ・ムハンメディイェ、英訳:The Victorious Soldiers of Muhammad)は、1826年オスマン帝国において、イェニチェリに代わる形でプロイセン軍事顧問のもとに設立された西洋式・近代的新設軍である[1][2] [3]

歴史[編集]

1826年6月16日イェニチェリを撃滅したオスマン帝国の皇帝マフムト2世は正式にその廃止を宣言し、イェニチェリはその歴史を終え、かねてより宣言されていた新軍が設立されるところとなり、「ムハンマド常勝軍」の名をつけられた。

また、ムハンマド常勝軍の総司令官としてセラスケルの職が新設され、オスマン帝国において初めて陸軍が一元的な指揮系統に統合された。

ムハンマド常勝軍の最大規模はじつに35万人に及び、クリミア戦争露土戦争希土戦争に従軍した。

1918年にオスマン帝国が第1次世界大戦で敗北したのち、連合国軍とムドロス休戦協定が結ばれ、オスマン帝国軍の解散が約されると、ムハンマド常勝軍も事実上解散させられるところとなった。

とはいえ、1920年に連合国軍とセーヴル条約が締結されるまで、ムハンマド常勝軍の活動は確認されている。

脚注[編集]

  1. ^ (トルコ語) アーカイブされたコピー”. 2011年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月29日閲覧。
  2. ^ (トルコ語) Asakiri Mansuri Muhammediye”. Osmanli web. 2012年11月4日閲覧。
  3. ^ 木村靖二岸本美緒小松久男、『詳説世界史研究』山川出版社、2017年第1刷発行、367頁より引用
[ヘルプ]

関連項目[編集]