ムハンマド・フサイン・アーザード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムハンマド・フサイン・アーザード英語:Muhammad Husain AzadまたはEhsan Azad1830年頃 - 1910年)は、インド文学者詩人歴史家である。

1830年頃、デリーに生まれ、デリー大学en:Delhi College)にてアラビア語を学んだ。また、en:Altaf Hussain Haliと共にウルドゥー近代詩開拓者であり、1880年に書かれた『生命の水en:Aab-e hayat, Azad)』の他、随筆集など多くの著書がある。余談だがアーザードの北インドジャーナリズム開拓者であるムハンマド・バーキルである。

しかし1910年精神異常によりラーホールで亡くなった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]