ムナジロカワガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムナジロカワガラス
Cinclus cinclus bronwen y dwr.jpg
ムナジロカワガラス
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: カワガラス科 Cinclidae
: カワガラス属 Cinclus
: ムナジロカワガラス
C. cinclus
学名
Cinclus cinclus
(Linnaeus1758)
和名
ムナジロカワガラス
英名
White breasted dipper

ムナジロカワガラス(学名:Cinclus cinclus)とはスズメ目カワガラス科に分類される鳥類の一種。

形態[編集]

体長は17~20cm[1]。和名の名の通り喉から胸にかけて白い羽毛が生えている。胸から足の付け根部分と頭頂部には赤褐色の羽毛が生えており、それ以外は黒色の羽毛である。と尾の根元にある尾腺から脂のような分泌物によって羽毛は撥水性に優れている[2]。羽毛の下には厚い綿毛が生えており、寒さや冷たい水から体を守っている。翼は短いが水かきのような働きを持ち、水中で前に進んだり、方向転換するときに役立つ。

足指は前方に3本後方に1本のつくりになっている。足指が長く、水場の滑りやすい岩や石の表面にしっかり掴まることができる。くちばしにある鼻にはフタが付いており、水の中に潜る際、鼻孔に水が入らないようになっている。目元には白いまぶたがあり、水中で捕食する時に目を保護するために使われる[3]

生態[編集]

温帯地方亜寒帯地方の急流や川のそばに生息する[3]。餌は主に水性の無脊椎動物や小さな川魚を食べる[1]。これらを捕まえる際に飛んだり、走ったりして捕食することは滅多になく水の中に入り込んで水面や水面近くの岩の上から餌を捕まえる[3]。また、川底まで泳いで歩きながらくちばしで水草を探ったり、石をひっくり返したりして餌を探すこともある。

繁殖期は春のはじめに訪れる。交尾後にムナジロカワガラスのつがいは協力して橋の下や滝の奥、岩壁にドーム状の巣を作り始める[4]。巣が完成すると、メスは巣の中に入って卵を4~5個産む[3]。それから14~18日間にわたり、メスが卵を抱いて雛を孵化させる[1]。雛鳥は早いもので生後9~10日目、遅くても生後15日目には両親から独立し、巣から離れる[3]

分布[編集]

ヨーロッパやアジアに広く分布し、北はスカンジナビア、東はモンゴル中国の中央部、南はアフリカ北部のモロッコまで見られる[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Dipper, Cinclus cinclus”. NatureGate. 2018年6月25日閲覧。
  2. ^ 鼻歌で滝の中を潜り抜ける鳥、ムナジロカワガラスSWI swissinfo.ch.2018年6月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e Aqua Nara Dakota. “ADW: Cinclus cinclus: INFORMATION”. Animaldiversity.ummz.umich.edu. 2018年6月25日閲覧。
  4. ^ ムナジロカワガラスのメディア - ARKive英語版
  5. ^ Cinclus cinclus (Species Factsheet by BirdLife International)