ムスタファ・アクンジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムスタファ・アクンジュ
Mustafa Akıncı
Akinci (cropped).jpg

任期 2015年4月30日
首相 エズカン・ヨルガンジュオール英語版
オメル・カルヨンジュ英語版
フセイン・オズグルグン
トゥファン・エルヒュルマン英語版

任期 1998年12月30日2001年6月8日
元首 ラウフ・デンクタシュ

任期 1976年1990年

出生 (1947-12-28) 1947年12月28日(70歳)
Flag of Cyprus (1922–1960).svg イギリスキプロスリマソール
政党 共同民主党
出身校 中東工科大学
配偶者 メラル・アクンジュ

ムスタファ・アクンジュMustafa Akıncı, 1947年12月28日 - )は北キプロス・トルコ共和国の政治家。同国の第4代大統領2015年の大統領選で当選。28歳の時にレフコシャニコシア)のトルコ人側の市長に選出。共和国議会(北キプロスの国会)議員、副首相兼観光大臣等を歴任[1]

既婚。3人の娘と2人の孫がいる[2]

経歴[編集]

リマソールイギリス領キプロス、現在のキプロス共和国)生まれ[3]中東工科大学を卒業後、レフコシャに移り住む[2]

1975年、キプロス・トルコ共和国建国国会議員に選出[2]1976年にレフコシャの市長に選出され、1990年まで務める[2][3]。市長時代には、ギリシャ側のニコシアの市長と積極的な協力関係を築き、ニコシア下水道プロジェクトやニコシアマスタープランを共同で推進[2][3]。ニコシアマスタープランは1989年World Habitat Awards2007年アーガー・ハーン建築賞を受賞している[2]

1993年から2009年まで、北キプロスの共和国議会議員を務める[2][3]1999年から2001年まで副首相兼観光大臣[1][3]

2015年北キプロス大統領選[編集]

2015年北キプロス大統領選挙英語版に無所属で出馬[4]。アクンジュは現職(当時)のデルヴィシュ・エロールが南北キプロスの再統合に消極的だったのに対し、再統合に積極的で[5]ファマグスタのヴェロシャ地区について「ヴェロシャを活気ある町にしよう。お互いのコミュニティが一緒にビジネスをする事で、若者が仕事を見つける事が出来る」と述べている[4](ファマグスタは南北分断までキプロス島有数のリゾート地であったが、1974年にトルコ軍が占領して以来、北キプロスの支配下にあり、元いたギリシャ人が南に逃れ、ホテルの大半が廃虚と化していた[6])。

2015年4月19日の第1回投票でアクンジュは26.9%の得票を獲得(エロールは28.2%)[7]4月26日の決選投票では60.5%の得票を得て、エロールを破り、当選[2][8]

大統領として[編集]

大統領就任後の2015年5月15日、南北キプロスの和平交渉を再開[6]。23日には2回目の交渉を行い、南側のニコス・アナスタシアディス大統領と共に、分断された南北ニコシアの市街地を散策した[6]

一方、トルコに対しては大統領選の時から対等な関係を求めており、「母と娘ではなく、兄弟の関係を望む」と発言。それに対し、トルコの大統領のレジェップ・タイイップ・エルドアンキプロス紛争トルコ軍が介入した事などを念頭に、「トルコは殉死者を出し、これからも犠牲を払い続ける」「トルコにとって北キプロスは子供だ。私たちは今後もそのようにみなす」と宣言し、不快感を示している[9]

著作[編集]

Belediye Başkanlığı'nda 14 yıl(市長としての14年間)、2010年発行、479ページ。

脚注[編集]

  1. ^ a b “Presidential polls in north Cyprus”. Hurriyet Daily News(英語). (2014年10月1日). http://www.hurriyetdailynews.com/presidential-polls-in-north-cyprus.aspx?pageID=449&nID=72372&NewsCatID=425 2015年5月27日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h Mustafa Akıncı Timeline”. Mustafa Akıncı公式サイト(英語). 2015年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e “Akinci: practical steps towards a solution”. Cyprus Mail(英語). (2015年4月20日). http://cyprus-mail.com/2015/04/20/akinci-practical-steps-towards-a-solution/ 2015年5月27日閲覧。 
  4. ^ a b “Akıncı: "Let Varosha become a lively town"”. KP Daily News(英語). (2015年2月8日). http://www.kpdailynews.com/index.php/cat/35/news/3094/PageName/CYPRUS_LOCAL_NEWS 2015年5月27日閲覧。 
  5. ^ 「北キプロス大統領選 左派候補が現職破る」.『読売新聞』.2015年4月27日付夕刊、3面。
  6. ^ a b c 「キプロス 再統合の機運 北の新指導者 前向き 和平交渉再開」.『読売新聞』.2015年5月25日付朝刊、4面。
  7. ^ “Turkish Cypriot leader ahead after first round of vote”. Hurriyet Daily News(英語). (2015年4月20日). http://www.hurriyetdailynews.com/turkish-cypriot-leader-ahead-after-first-round-of-vote.aspx?pageID=238&nID=81291&NewsCatID=351 2015年5月27日閲覧。 
  8. ^ “北キプロス大統領選、再統合積極派が勝利”. 産経新聞. (2015年4月27日). http://www.sankei.com/world/news/150427/wor1504270026-n1.html 2015年5月27日閲覧。 
  9. ^ 関係めぐり不調和音 北キプロス次期大統領 「対等に」 × トルコ大統領 「親子だ」.『東京新聞』.2015年4月29日付朝刊、9面

外部リンク[編集]

公職
先代:
デルヴィシュ・エロール
北キプロス・トルコ共和国の旗 北キプロス大統領
第4代:2015–
現職