ムザッファル・アフマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムザッファル・アフマド
المظفر أحمد بن الشيخ
ブルジー・マムルーク朝第6代スルターン
在位 1421年
出生 1412年
王朝 ブルジー・マムルーク朝
父親 ムアイヤド・シャイフ
テンプレートを表示

ムザッファル・アフマド1412年 - ?)は、エジプトブルジー・マムルーク朝の第6代スルターン(在位:1421年)。

生涯[編集]

父は第5代スルターンのムアイヤド・シャイフ。1421年に父が死去したため、わずか10歳で即位した[1]。しかし幼年のため、初代スルターンであるバルクーク時代からのマムルークであったザーヒル・タタールがアフマドの生母と結婚して摂政として取り仕切った[1]。だが、即位から数ヵ月後にそのタタールによって廃されて幽閉されたという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大原、p. 94

関連文献[編集]

  • 大原与一郎 『エジプト マムルーク王朝』 近藤出版社、1976年
  • 日本イスラム協会 監修 『イスラム事典』 平凡社、1982年