ムサンダム半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムサンダム半島とホルムズ海峡に臨む島の人工衛星画像(人工彩色)

ムサンダム半島(ムサンダムはんとう、アラビア語: شبه جزيرة مسندمŠibh Jazīrat Musandam英語: Musandam Peninsula)は、アラビア半島の一部で、ペルシア湾(アラビア湾)の入り口であるホルムズ海峡に飛び出した部分である。面積約1800平方km、人口は約3万人である。

大部分がオマーンの飛び地(ムサンダム特別行政区)で、アラブ首長国連邦がオマーン本土との間に割り込む。

荒涼たる岩山で構成され、リアス式の入り江に富む。これはアラビアプレートユーラシアプレートに潜りこみ、半島が沈んでいるためと地質学的に解釈される。

半島先端のクムザール部落には500人程度のアラブ住民が住み、ペルシャ語から派生したクムザール語を話す。長年陸の孤島であったが、2008年に首都マスカットとの間を高速フェリーが就航した。

行政[編集]

オマーン
アラブ首長国連邦