ムクンドワラ峠の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムクンドワラ峠の戦い
Battle of Mukundwara Pass
第二次マラーター戦争
1804年7月8日 - 7月9日
場所インドムクンドワラ峠
結果 マラーター側の勝利
衝突した勢力
Flag of the British East India Company (1801).svg イギリス東インド会社 Flag of the Maratha Empire.svg ホールカル家
指揮官
ウィリアム・マンソン ヤシュワント・ラーオ・ホールカル
戦力
不明 不明

ムクンドワラ峠の戦い(ムクンドワラとうげのたたかい、英語:Battle of Mukundwara Pass)は、1804年7月8日から9日にかけてインドムクンドワラ峠において、ホールカル家イギリス東インド会社との間で行われた第二次マラーター戦争の戦いの一つ。

戦闘[編集]

1804年7月8日、ヤシュワント・ラーオ・ホールカルはコーターから南へ約50キロのムクンドワラ峠において、イギリスの司令官ジェラルド・レイクの部下ウィリアム・マンソン率いる軍を破った[1]

マンソンは退却したが、翌日まで軍は襲撃を受け、ついには大砲や行季も捨てて逃げざるを得なかった。これは第二次マラーター戦争で連戦連勝だったイギリスにとっては、はじめての手痛い敗北であった。

その後[編集]

マンソンは退却したものの、その後もホールカル家の軍の厳しい追撃を受け、彼の退却は「マンソンの退却」(Monson's Retreat)と呼ばれるほどであった。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]