ムエザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムエザ(アラビア語: معزة‎)とは予言者ムハマンドが飼っていたと伝承されている猫である。

ある日ムハンマドが礼拝に行こうとすると、着ようと思っていた服の袖の上でムエザが眠っていた。ムハンマドはムエザを起こすことを忍びなく思い、服の袖を切り落とし片袖のない服で外出したという。ムハンマドが礼拝から帰るとムエザは会釈して迎えた、ムハンマドはムエザを3回なでたという。

この逸話はクルアーンまたはハディースで言及されていないので、事実かどうかわからないが、多くのイスラム教徒が信じている。