ムイーヌッディーン・チシュティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムイーヌッディーン・チシュティー廟

ムイーヌッディーン・チシュティー(Muinuddin Chishti, 1141年 - 1236年)は、北インドスーフィー聖者。ガリーブ・ナワーズ(Gharīb Nawāz)とも呼ばれる。

チシュティー教団の最も有名な聖者でもある。クトゥブッディーン・バフティヤール・カーキーニザームッディーン・アウリヤーなどと並ぶスーフィーの聖者でもある[1]

脚注[編集]

  1. ^ Sadarangani, Neeti M. (2004). Bhakti poetry in medieval India : its inception, cultural encounter and impact. New Delhi: Sarup & Sons. p. 60. ISBN 81-7625-436-3. 

関連項目[編集]