ミール (称号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミール(Mir)は、司令官を意味するアラビア語アミール(エミール)から派生した語である。emir

概要[編集]

ミールの語はペルシア語シンド語ベンガリー語バローチー語イスラーム教国で採用された。また、イランパキスタンバングラデシュアフガニスタンの部族やグループの長の称号として採用された。

バハーワルプルではアミールは君主の称号であり、バルーチスターンのミールはサルダールの子弟の称号であった。また、サイイドの息子もしばしばミールの称号を持った。

ヒンドゥーの国では、ミール・ムンシー、ミール・ウムラーオという称号があったが、これらはアミーリ・ムンシー(秘書の司令官)、アミールル・ウマラー(軍総司令官)が現地で転用された形である。

オスマン帝国では、ペルシア語のミーリ・ミーラーンに対応する語としてベイレルベイの称号が取られたが、これはアラビア語のアミールル・ウマラーに相当する語である。

関連項目[編集]