ミールザー・ジャハーンギール・バフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミールザー・ジャハーンギール・バフト
Mirza
ムガル帝国皇子
Ghulam Murtaza Khan The Delhi Darbar of Akbar II.jpg
ミールザー・ジャハーンギール・バフト(右から4番目)
全名 ミールザー・ムハンマド・
ジャハーンギール・バフト
出生 1791年
死去 1821年7月18日
デリーニザームッディーン・ダルガー
子女 ミールザー・ティムール・シャー
ほか2人の娘
父親 アクバル2世
母親 ラヒームンニサー・ベーグム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ミールザー・ジャハーンギール・バフト(Mirza Jahangir Bakht, 1791年 - 1821年7月18日)は、北インドムガル帝国の第16代皇帝アクバル2世の4男。同国第17代皇帝バハードゥル・シャー2世の弟でもある。

生涯[編集]

1791年ムガル帝国の皇帝アクバル2世とその妃ムムターズ・マハルとの間に生まれた[1]。父から大変愛され、年長の皇子ミールザー・アブー・ザファル(のちのバハードゥル・シャー2世)を差し置いて皇太子となった。

1809年から1811年にかけて、父アクバル2世の命令に背いたことにより、アラーハーバードへと追放された[1]

1812年、イギリスのデリー駐在官を殺害しようとしたため、再びアラーハーバードへと追放、その地に幽閉された[1]

1821年7月18日、アラーハーバードで幽閉されたまま死去した[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Delhi 19

関連項目[編集]