ミールザー・シャー・アッバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミールザー・シャー・アッバース
Mirza Shah Abbas
ムガル帝国皇子
Mirza Shah Abbas, son of Bahadur Shah II.jpg
ミールザー・シャー・アッバース
出生 1845年
デリー
死去 1910年12月25日
ビルマラングーン
父親 バハードゥル・シャー2世
母親 ムバーラクンニサー・ハーヌム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ミールザー・シャー・アッバース(Mirza Shah Abbas, 1845年 - 1910年12月25日)は、北インドムガル帝国の第17代皇帝バハードゥル・シャー2世の20男。

生涯[編集]

1845年ムガル帝国の皇帝バハードゥル・シャー2世とその側室ムバーラクンニサー・ハーヌムとの間に生まれた[1]

1857年5月インド大反乱が勃発し、同年9月にデリーイギリスに制圧されたのち、1858年に父や母といった家族とともにビルマラングーンへ追放された[1]

1910年12月25日、 ミールザー・シャー・アッバースは追放先で没した [1]。彼はバハードゥル・シャー2世の皇子の中で、唯一20世紀に入っていても生存していた皇子であった[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Delhi 20

関連項目[編集]