ミートホープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミートホープ本社・苫小牧工場
(2007年7月19日撮影)

ミートホープ株式会社(Meat Hope inc.)は、北海道苫小牧市本社があった食品加工卸売会社。2007年牛肉ミンチ偽装事件をはじめとする数々の食品偽装事件が発覚、これにより倒産した。

外部から招聘した元役員内部告発により偽装が発覚した[1][2][3]。この事件は2009年に予定を前倒しして消費者庁が設置される契機ともなった[2]

概要[編集]

1976年昭和51年)に田中稔が創業[4]。田中はもともと他の食肉業者で働いており、創業当時は食肉の加工と販売が事業の中心であった。2006年1月時点の従業員数は約100人、グループ全体で500人程度であった。

田中は中学校卒業後、叩き上げで事業を展開して会社を成長させた[4]。会社は社長の田中を頂点に、役員やグループ会社の社長を田中の息子たちで固めた典型的な同族経営であった[2]#関連会社も参照)。

また、牛肉ミンチ偽装事件が発覚する前年の2006年4月、田中は「挽肉赤身脂肪の混ざり具合を均一にする製造器」を開発したとして、文部科学大臣表彰創意工夫功労賞を受賞している(後に返上した) 。しかし、1995年以前から食肉偽装が行われており(後述)、従業員も田中社長の経営方針に逆らえず見て見ぬふりをしていた。 田中は自ら肉の研究をし、社内では肉のことを知り尽くした「天才」と言われていた。しかしその実態は「商品開発」と称してコストダウンのため、廃棄肉や内臓など安い物や添加物を配合し、人為的に品質を良いものに見せかけるというものだった(次章に詳述)。

バブル崩壊以前は丁寧な対応を心掛け、契約も社長の田中自らが店に赴く模範的な会社であったが、バブル崩壊を機に価格競争に巻き込まれ、これにより食品偽装や産地偽装に手を染めるに至ったという。

2007年(平成19年)6月20日に発覚した牛肉ミンチの品質表示偽装事件(次節に詳述)をはじめ、数々の食品偽装が明らかとなり、事業の継続が不可能となった。同年7月17日自己破産を申請[5]、同日破産手続開始決定[5][6]負債総額は約6億7000万円[5]債権者集会を同年11月20日に開くとしていたが[5]、取引先の中には1社の損失額が数千万円に上る会社もあり、債権の全額回収は絶望的であった[5]。翌2008年8月7日、費用不足のため破産廃止すなわち法人格消滅となった。本社社屋も売却後にいったんは残されたものの、買い手がつかず解体されて現存しない。

田中稔は逮捕・起訴され[7]2008年平成20年)3月19日に、不正競争防止法違反(虚偽表示)と刑法詐欺罪で、札幌地方裁判所懲役4年の実刑判決を受けた[8]。田中は「判決を受け入れ罪を償いたい」として、札幌高等裁判所控訴せず確定判決となっている[9]

食肉偽装事件[編集]

牛肉ミンチ偽装事件[編集]

ミートホープの食肉偽装事件を内部告発し、事件発覚のきっかけを作ったのは、同社の常務取締役であった赤羽喜六である[1][2][3]。ミートホープ事件と赤羽の内部告発を継続的に取材していた『北方ジャーナル』の記事で、赤羽は「私は偽装の片棒を担いだまま終われなかった」と語っている[3][10]

赤羽は1935年(昭和10年)に長野県で生まれ、長野県立上伊那農業高等学校を卒業後、法務省長野地方法務局飯田支局に勤務した。その後、長野県諏訪郡下諏訪町に本社を置く三協精機製作所(現:日本電産サンキョー)に入社、関連会社の三協商事(日本電産サンキョーに合併)営業部長、三和興業常務取締役を歴任した。

1978年登別プリンスホテルを運営する野口観光株式会社に入社、常務取締役を務める。また苫小牧プリンスホテル[11]、室蘭プリンスホテル[12]の総支配人を務めた(西武グループ株式会社プリンスホテルとは無関係)。1995年に60歳で野口観光を定年退職後、地元の観光施設の支配人を務めた手腕を買われ、田中稔社長に招聘されてミートホープに入社。以前から田中とは仕事上の繋がりで面識があった。2006年に退職するまで常務取締役を務めた。

ミートホープ入社後の赤羽は、営業幹部として人脈の広さを生かし、本州などへも販路を拡大した[3]。工場に入る職種ではなかったため気づくのは遅れたが、同社で行われていた食肉偽装の実態について知ってからは、田中社長に改善を求めた。しかし社長には聞き入れられず、田中家が支配する会社では内部からの改革は困難と思われた[2]。そのため赤羽は行政指導による改善を期待し、匿名で苫小牧保健所や市の学校給食センター、農林水産省北海道農政事務所など行政機関への告発を始めたが、調査は行われなかった[13]。赤羽は田中社長の経営方針や、偽装によって発生したクレーム対応で苦悩し精神的に追い詰められ、入社5年後の2000年頃からは睡眠導入剤抗うつ剤を服用するようになる。


2006年4月、赤羽はミートホープを退職。身分を明かした上で、農林水産省北海道農政事務所に不正挽肉の現物を持参して調査を依頼した[14]。しかし同事務所はサンプルの受け取りを拒否し[15][16]、ミートホープへの指導も行わなかった[14][15]。農水省はのちに「事務所への訪問記録はあるが、肉の持ち込みを確認する情報は残されていなかった」と回答している[17]。また農水省は「北海道内の業者と認識したため、3月24日に道に対応を依頼した」[18]としているが、北海道庁環境生活部は「そのような記録は無い」[19]とした。農水省と道庁の間で責任が曖昧になっていたが[15][16]、2006年時点でミートホープは東京事務所を開設しているため、管轄は農水省にあったという。

後に数名のミートホープ幹部も退職して赤羽に加わり、報道機関への告発を開始したが、北海道新聞社NHKには黙殺された[20]

2007年春、告発を受けた朝日新聞社が調査を開始し、冷凍牛肉コロッケDNA検査によって調べた結果、豚肉や鶏肉と「その他の肉」が検出され、食品偽装が立証された[21]。この調査に基づき、朝日新聞は同年6月20日、北海道加ト吉(加ト吉連結子会社)が製造した「CO-OP 牛肉コロッケ」から豚肉が検出されたことを報道した。加ト吉が事実確認を行ったところ、北海道加ト吉には原料の取り扱いミスはなく、ミートホープの責任者は加ト吉に「納入している牛肉に豚肉が混ざっていた」と報告した[22]

この件について、ミートホープの記者会見では、社長は「故意ではなく過失」と強調していたが、取締役の長男に促されてしぶしぶながら、自ら偽装に関与したことを認めた場面はテレビでも放映された[8]。社長はこのとき、どのように肉を混ぜるのかという単価計算のされた紙を持っていた。

その後、「牛肉100%」と表示した挽肉に、豚肉鶏肉、豚の心臓、さらにはパンの切れ端などの異物を混入させて水増しを図っていたほか、肉の色味を調整するために血液を混ぜたり、味を調整するためにうま味調味料を混ぜたりしていたことなどが判明した。

その他にも、消費期限切れの肉やクレーム品として返品された肉を引き取り、肉の傷みや異物混入をごまかしてラベルを変えて出荷したり、腐りかけて悪臭を放っている肉を屑肉にして少しずつ混ぜたりする成型肉などの不正行為、牛肉以外にもブラジル産の輸入鶏肉を「国産鶏肉」と偽り自衛隊などに納入していたこと、サルモネラ菌が検出されたソーセージのデータを改竄して小中学校向け学校給食に納入していたこと、冷凍肉解凍雨水を利用していたことなど、多数の不正行為が明らかになっている。

2007年6月24日北海道警察不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で、本社など10か所の家宅捜索を行った。

社長は、マスメディアの取材や公判において「半額セールで喜ぶ消費者にも問題がある」「取引先が値上げ交渉に応じないので取引の継続を選んだ(コストダウンのため異物を混入させた)」などと他者に責任を転嫁する発言を繰り返した[23]。一方で食に対する不安を与えたことへの謝罪もしている[5]

取引先への影響[編集]

農林水産省調査では、ミートホープの流通量は、一般消費者用(4,300トン)、業務用(5,504トン)、特定施設向け(34トン)である[24]

  • 加ト吉 - 取引材料を使用した冷凍コロッケ計20種を回収[25]
    • 北海道加ト吉の工場長が、廃棄処分予定の冷凍コロッケをミートホープに横流しし、20万円から30万円の利益を不正に受け取っていたことも判明した。この収益は会社の利益に計上せず社内の懇親目的に使用していたという。この事件により、親会社の加ト吉は北海道加ト吉の工場長を解任した。
  • 日本生協連 - 牛肉とされた23品目に豚肉が混入[26]
  • JT - 牛ミンチ使用の冷凍コロッケ計6種を自主回収[27]
  • ミスタードーナツ - ベーコンを取引していたことによりスープの販売を中止[28]
  • イオン - 総菜の牛肉コロッケの取引[29]
  • 苫小牧市公立小中学校給食 - ブラジル産の鶏肉を日本産と偽って出荷[30]。またサルモネラ菌などが検出されたハムやソーセージなどを出荷[31]
  • 他にも22道府県学校給食として、ミートホープのミンチ14トンが取引された[32]

告発者への影響[編集]

これら一連の情報は内部告発が発端となったもので、公益通報制度のあり方に一石を投じる事件でもあった[2]。なお日本では2006年4月1日公益通報者保護法が施行されているが[2]、これは赤羽がミートホープを退職し実名告発を始めたのと同時期である[2]

しかしこの事件は、告発者の赤羽にも深い傷跡を残した。赤羽は2010年に『告発は終わらない ミートホープ事件の真相』を長崎出版から刊行しているが[1]、その著書の中でも「ここまで引きずるとは思わなかった」と苦しい胸の内を綴っている[1]

事件判明後は、赤羽もマスメディアからの激しい取材攻勢に晒され[33]、本人はもちろん家族や親族も巻き込まれて苦しんだ[1]。懸命に告発していた時期は無視していたマスコミが、朝日新聞のスクープにより事件が明らかになってからは取材に押しかけ、赤羽個人に関することまで本人に確認もせず書き立てる、そうしたメディアの姿勢を赤羽は「失礼で迷惑」と感じていたと言う[3]

孤立無援の闘いを強いられた赤羽は[34]、かつての取引先からは「偽装と知っていて売りつけたのか」と非難された[2]。事件を思い出すのがつらくなり、内部告発を共にしたミートホープの元同僚とも連絡を絶った[2]。人目が気になるようになって眠れなくなり、躁うつ病を患った[2]。妻とも離婚親族からは絶縁を言い渡された。赤羽は住んでいた苫小牧市を去り、長野県の実家に帰って一人暮らしすることになった[2]

事件から10年後の2017年Yahoo!ニュースの取材に対し、赤羽は「もし当時に戻れたら告発などしない」と後悔を滲ませた[2]。「内部告発は本人の身を滅ぼす。見て見ぬふりをすることになるが、嫌なら黙って辞めればいい。世のため人のためと言えど、自分の身を守れなかったら意味がない」[2]「告発したことで躁うつ病になり、親族や知人が離れていった。名前がマスコミに出たことで兄弟にも迷惑をかけた」と語った[2]。また「匿名告発の時点で行政やメディアが動いてくれていたら、実名で告発する必要もなく、精神疾患にかかって生活を失うこともなかった」との憤りも述べている[2]

監督官庁の怠慢については、事件発覚当時の2008年から『北方ジャーナル』でも「行政がもっと早く動いて業務改善してくれれば、田中社長が刑務所で服役したり、会社が倒産して雇用を失うこともなかった」と、赤羽は繰り返し述べている[3][35]

赤羽は自身の著書も、今はもう読み返すこともないと言う[2]。また赤羽に取材し著書をまとめた軸丸靖子は、「食品の安全に確かな変化をもたらした内部告発の実行者はしかし、誉められ感謝される日は来ないだろう。心からの安寧を取り戻せる日は来ないかもしれない」と同書を結んでいる[1]

なお、2001年以降のBSE問題雪印食品が牛肉産地偽装を行った雪印牛肉偽装事件の際にも、取引先の西宮冷蔵からの内部告発によって事件が明るみになっている[2]

関連会社[編集]

また、全員解雇された70人の従業員のうち、元従業員5人が集まって2008年4月に「正直コロッケ」を発売した[42][43]。ミートホープで知人の家族が働いていた大仁田厚の呼び掛けで実現した[42]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 赤羽喜六、軸丸靖子(取材・文)『告発は終わらない ミートホープ事件の真相』長崎出版、2010年2月1日。ISBN 4860953770
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 内部告発者の「誇り」と「悔い」 「事件後」の日々を追って Yahoo!ニュース 2017/6/14(水) 10:30 配信
  3. ^ a b c d e f 食品偽装発覚の原点「ミートホープ事件」の内部告発者を実名取材” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ (2007年12月11日). 2020年6月24日閲覧。
  4. ^ a b テレメンタリー2007「裏切りの肉職人~偽装で叩き上げた丁稚社長の半生~」
  5. ^ a b c d e f ミートホープの自己破産決定 債権者集会は11月 - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞 asahi.com. 朝日新聞社 (2007年7月18日). 2020年6月24日閲覧。
  6. ^ ミートホープ(株) | 倒産速報 | 最新記事 | 東京商工リサーチ
  7. ^ asahi.com:ミートホープ社長、詐欺容疑で追送検 取引先だまし利益 - 食品不正
  8. ^ a b ミートホープ元社長の実刑確定が象徴するもの” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 日経BP (2008年4月14日). 2020年6月24日閲覧。
  9. ^ “元社長、実刑判決が確定 ミートホープ食肉偽装事件”. 共同通信. (2008年4月3日). https://web.archive.org/web/20140419082504/http://www.47news.jp/CN/200804/CN2008040301000149.html 2019年1月8日閲覧。 ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  10. ^ 「北方ジャーナル」2008年1月号 特集 「ミートホープ事件」の深層を追う 3” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ (2007年12月13日). 2020年6月24日閲覧。
  11. ^ 新苫小牧プリンスホテル「和〜なごみ〜」” (日本語). 【公式】北海道のビジネスホテル 野口観光グループ. 2020年6月24日閲覧。
  12. ^ 室蘭プリンスホテル” (日本語). 【公式】北海道のビジネスホテル 野口観光グループ. 2020年6月24日閲覧。
  13. ^ 食肉偽装・・・衝撃の手口”. ザ!世界仰天ニュース. エコ&偽装3時間スペシャル!. 日本テレビ (2011年6月1日). 2019年1月8日閲覧。 “→『エコ&偽装3時間スペシャル!』目次《放送年月日記載あり》”※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  14. ^ a b 朝日新聞 2006
  15. ^ a b c ミートホープ元常務、今度は農水省を追及” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ (2008年1月16日). 2020年6月24日閲覧。
  16. ^ a b 勝谷誠彦と赤羽喜六が農水省を直撃” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ. 2008年02月19日. 2020年6月24日閲覧。
  17. ^ 農林水産省 2006 pp. 8-9
  18. ^ 国会質問答弁 2007
  19. ^ “責任は? 農水省と道が対立 ミート社巡る告発放置”. 朝日新聞. (2007年6月22日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200706210426.html 
  20. ^ 赤羽喜六軸丸靖子『告発は終わらない』長崎出版、2010年。ISBN 978-4-86095-377-5
  21. ^ 朝日新聞 2007
  22. ^ 加ト吉のプレスリリース
  23. ^ ミートホープ田中稔被告に「懲役4年」” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ (2008年3月19日). 2020年6月24日閲覧。
  24. ^ 農林水産省 2007
  25. ^ “加ト吉、コロッケ20種回収へ 偽ミンチ、農水省が調査 - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年6月20日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200706200135.html 
  26. ^ “各社鑑定でも豚検出 偽ミンチ - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年6月23日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200706220455.html 
  27. ^ “日本たばこ産業、冷凍食品を自主回収 ミンチ偽装問題 - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年6月22日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200706220360.html 
  28. ^ “ミスドがスープの販売を中止 ミートホープから材料 - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年7月12日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200707120307.html 
  29. ^ “イオン販売の「牛コロッケ」にも豚混入 偽装ひき肉事件 - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年7月6日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200707060400.html 
  30. ^ “給食用鶏肉、ブラジル産を国産と偽った疑い ミート社 - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年6月21日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200706210408.html 
  31. ^ “食中毒菌の肉を給食に ミートホープ、検査データ改ざん - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年6月11日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200707110547.html 
  32. ^ “ミートホープのミンチ使用256社 22道府県は給食に - 牛ミンチ偽装”. 朝日新聞. (2007年8月3日). http://www.asahi.com/special/070627/TKY200708030471.html 
  33. ^ マスコミに“引っ張りだこ”の赤羽元常務” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ. 2008年02月01日. 2020年6月24日閲覧。
  34. ^ 赤羽喜六vs原田宏二「内部告発対談」実現” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ (2008年5月6日). 2020年6月24日閲覧。
  35. ^ ミートホープ元常務が、監督官庁に“斬り込み”” (日本語). 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ (2008年1月10日). 2020年6月24日閲覧。
  36. ^ とましんビジネス交流ネットワーク 企業紹介 株式会社イートアップ 苫小牧信用金庫
  37. ^ a b みんなのバイキングレストラン【イートアップ】”. 2020年6月24日閲覧。
  38. ^ イートアップ 苫小牧本店 (沼ノ端/焼肉)” (日本語). 食べログ. 2020年6月24日閲覧。
  39. ^ バイキングレストラン イートアップ 千歳店 (長都/バイキング)” (日本語). 食べログ. 2020年6月24日閲覧。
  40. ^ イートアップ 岩見沢店 (上幌向/焼肉)” (日本語). 食べログ. 2020年6月24日閲覧。
  41. ^ 株式会社バルスミート 全国法人データバンク
  42. ^ a b “正直”コロッケで再出発/ミートホープ元従業員ら 四国新聞社、2008年3月6日。
  43. ^ ミートホープ元従業員ら 「正直コロッケ」発売へ J-CASTニュース、2008年3月7日

参考文献[編集]

書籍
雑誌
  • 北方ジャーナル』2008年1月号 「ミートホープ事件」の真相を追う(3)告発者が実名で苦悩を激白!「私は偽装の片棒を担いだまま終われなかった」動かなかった行政に今も残る憤り
  • 『北方ジャーナル』2008年2月号 「ミートホープ事件」の真相を追う(4)元常務が保健所・農政事務所を直撃!「あなた方は監督責任を果たしたと言えるのか?」内部告発者の闘い、第二幕へ
  • 『北方ジャーナル』2008年3月号 「ミートホープ事件」の真相を追う(5)開始された公判と元常務の終わりなき告発「田中元社長を裁くなら北海道も国も裁け!」
  • 『北方ジャーナル』2008年4月号 「ミートホープ事件」の真相を追う(6)判決直前レポート「求刑懲役6年」の重みと不毛/緊急再録―“食肉偽装”の軌跡/ミートホープ事件の深い闇 元常務が問い続ける所轄庁の監督責任 『北方ジャーナル』2008年5月号 「ミートホープ事件」の真相を追う(7)田中稔元社長実刑判決で何が変わり、終わったか/渦中の赤羽喜六氏が吐露する「むなしさ」
新聞報道
ドキュメンタリー番組
政府調査

関連項目[編集]

外部リンク[編集]