ミーシャ・テイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミーシャ・テイト
Miesha Tate.jpeg
基本情報
本名 ミーシャ・テレサ・テイト
(Miesha Theresa Tate)
通称 カップケーキ (Cupcake)
テイクダウン (Takedown)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1986-08-18) 1986年8月18日(33歳)
出身地 ワシントン州タコマ
所属 チーム・アルファメール
エクストリーム・クートゥア
身長 168cm
体重 61kg
リーチ 170cm
階級 バンタム級
バックボーン レスリング
総合格闘技戦績
総試合数 25
勝ち 18
KO勝ち 3
一本勝ち 7
判定勝ち 8
敗け 7
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
女子 グラップリング
グラップリング世界選手権
2008 ルツェルン 72kg級

ミーシャ・テイトMiesha Tate1986年8月18日 - )は、アメリカ合衆国女性総合格闘家ワシントン州タコマ出身。エクストリーム・クートゥア所属。元UFC世界女子バンタム級王者。元Strikeforce女子バンタム級王者。

来歴[編集]

ワシントン州タコマに生まれる。高校時代は男子レスリングチームで男子に混ざってトレーニングに励み、4年時にワシントン州女子王者になっている。セントラル・ワシントン大学に進学後、校内のMMAクラブでアマチュアMMAを始め、5勝1敗のアマチュア成績を上げて2007年にプロへ転向した。

2007年11月24日、プロデビュー。

Strikeforce[編集]

2008年6月27日、Strikeforceデビュー。

2009年5月15日、Strikeforce Challengers 1でサラ・カフマンと対戦し、判定負け。

2010年3月26日、Strikeforce Challengers 7ゾイラ・フラウストと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2010年8月13日、Strikeforce女子バンタム級トーナメント決勝で赤野仁美に3-0の判定勝ちを収め優勝を果たした。

2011年7月30日、マルース・クーネンの保持するStrikeforce女子バンタム級王座に挑戦し、4R肩固めで一本勝ちを収め、王座獲得に成功した。

2012年3月3日、Strikeforce: Tate vs. RouseyでStrikeforce女子バンタム級王者としてロンダ・ラウジーの挑戦を受けるが、1R腕ひしぎ十字固めで肘を脱臼して敗れ、王座から陥落した。

UFC[編集]

2013年4月13日、UFCデビュー戦となったThe Ultimate Fighter 17 Finaleで女子バンタム級ランキング4位のキャット・ジンガノと対戦し、試合開始からペースを握るも、3Rにパンチと膝蹴りの連打を浴びてレフェリーストップで逆転負けを喫し、The Ultimate Fighterのコーチ役とUFC女子世界バンタム級王者ロンダ・ラウジーへの挑戦権を逃した。しかし敗戦となったものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞、UFCでファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した初めての女子選手となった。

2013年5月28日、ジンガノが練習中に膝に大怪我を負い手術を受けて長期欠場となったため、テイトが代わりにThe Ultimate Fighterのコーチ役とロンダ・ラウジーの保持するバンタム級王座への挑戦権を獲得した。

2013年9月、The Ultimate Fighterシーズン18でロンダ・ラウジーとそれぞれのチームのコーチを務めた。

2013年12月28日、UFC 168でUFC世界女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーに挑戦し、3R腕ひしぎ十字固めで敗れて王座獲得に失敗したが、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年4月19日、UFC on FOX 11で女子バンタム級ランキング7位のリズ・カムーシュと対戦し、判定勝ち。

2014年9月20日、日本で開催されたUFC Fight Night: Hunt vs. Nelson中井りんと対戦し、3-0の判定勝ち。

2015年1月31日、UFC 183で女子バンタム級ランキング3位のサラ・マクマンと対戦し、2-0の判定勝ち。

2015年7月25日、UFC on FOX 16のUFC世界女子バンタム級王座挑戦者決定戦で女子バンタム級5位のジェシカ・アイと対戦し、3-0の判定勝ち。

2016年3月5日、UFC 196のUFC世界女子バンタム級タイトルマッチで王者のホリー・ホルムに挑戦。5Rにリアネイキッドチョークで一本勝ちを収め、王座獲得に成功するとともにパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年7月9日、UFC 200のUFC世界女子バンタム級王座の防衛戦で女子バンタム級4位の挑戦者アマンダ・ヌネスと対戦し、リアネイキッドチョークで一本負けを喫し王座陥落した。

2016年11月12日、UFC 205で女子バンタム級8位のラケル・ペニントンと対戦し、0-3の判定負け。試合後に引退を表明した。

2016年12月11日、サブミッション・アンダーグラウンド 2でジェシカ・アイとグラップリングルールで対戦し勝利を収めた。

2018年11月7日、ONE Championshipと副社長として契約。

人物・エピソード[編集]

  • ネバダ州の山をハイキングしていたところ、腕を骨折している6歳の娘を抱えた母親と遭遇。見かねたテイトは母親に代わって娘を抱えて約4キロ先の山のふもとまで下山した。このテイトの行為に感激した女児の家族は、テイトが自分の娘を抱えている写真をSNSに投稿し「UFCのファイターが我々家族を助けてくれた。謙虚な人だったな。感謝してもしきれないよ。ハイキングする時間を割いて手を貸してくれたんだ。本当にありがとう」と謝辞を並べた[1]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 3 7 8 0 0 0
7 2 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ラケル・ペニントン 5分3R終了 判定0-3 UFC 205: Alvarez vs. McGregor 2016年11月12日
× アマンダ・ヌネス 1R 3:16 リアネイキッドチョーク UFC 200: Tate vs. Nunes
【UFC世界女子バンタム級タイトルマッチ】
2016年7月9日
ホリー・ホルム 5R 3:30 リアネイキッドチョーク UFC 196: McGregor vs. Diaz
【UFC世界女子バンタム級タイトルマッチ】
2016年3月5日
ジェシカ・アイ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 16: Dillashaw vs. Barao 2 2015年7月25日
サラ・マクマン 5分3R終了 判定2-0 UFC 183: Silva vs. Diaz 2015年1月31日
中井りん 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Hunt vs. Nelson 2014年9月20日
リズ・カムーシュ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 11: Werdum vs. Browne 2014年4月19日
× ロンダ・ラウジー 3R 0:58 腕ひしぎ十字固め UFC 168: Weidman vs. Silva 2
【UFC世界女子バンタム級タイトルマッチ】
2013年12月28日
× キャット・ジンガノ 3R 2:55 TKO(膝蹴り→肘打ち) The Ultimate Fighter 17 Finale 2013年4月13日
ジュリー・ケッジー 3R 3:28 腕ひしぎ十字固め Strikeforce: Rousey vs. Kaufman 2012年8月18日
× ロンダ・ラウジー 1R 4:27 腕ひしぎ十字固め Strikeforce: Tate vs. Rousey
【Strikeforce女子バンタム級タイトルマッチ】
2012年3月3日
マルース・クーネン 4R 3:03 肩固め Strikeforce: Fedor vs. Henderson
【Strikeforce女子バンタム級タイトルマッチ】
2011年7月30日
赤野仁美 3分3R終了 判定3-0 Strikeforce Challengers 10
【女子ウェルター級トーナメント 決勝】
2010年8月13日
マイユ・クヤラ 3分2R終了 判定3-0 Strikeforce Challengers 10
【女子ウェルター級トーナメント 1回戦】
2010年8月13日
ゾイラ・フラウスト 2R 4:09 腕ひしぎ十字固め Strikeforce Challengers 7 2010年3月26日
ヴァレリー・クールボー 1R 4:45 腕ひしぎ十字固め Freestyle Cage Fighting 38 2010年1月16日
サラ・オリザ 2R 0:08 KO(ハイキック) CageSport MMA 2009年10月3日
× サラ・カフマン 3分3R終了 判定3-0 ShoMMA: Strikeforce Challengers 1 2009年5月15日
リズ・カリエロ 2R 2:48 肩固め Freestyle Cage Fighting 30
【FCF女子バンタム級タイトルマッチ】
2009年4月4日
ドラ・バティスト 1R 1:48 三角絞め Atlas Fights: USA vs. Brazil 2009年2月21日
ジェシカ・ベドナーク 1R 1:22 TKO(パンチ) Freestyle Cage Fighting 27 2009年1月31日
ジェイミー・リン 1R 2:21 TKO(パンチ) CageSport MMA 2008年11月29日
エレーナ・マックスウェル 3分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Melendez vs. Thomson 2008年6月27日
× ケイトリン・ヤング 1R 0:30 KO(ハイキック) HOOKnSHOOT: Bodog Fight Women's Tournament
【女子バンタム級トーナメント 準決勝】
2007年11月24日
ジャン・フィニー 3分4R終了 判定 HOOKnSHOOT: Bodog Fight Women's Tournament
【女子バンタム級トーナメント 1回戦】
2007年11月24日

獲得タイトル[編集]

  • FCF女子バンタム級王座(2009年)
  • Strikeforce女子バンタム級トーナメント 優勝(2010年)
  • 第3代Strikeforce女子バンタム級王座(2011年)
  • 第3代UFC世界女子バンタム級王座(2016年)

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 紫帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マルース・クーネン
第3代Strikeforce女子バンタム級王者

2011年7月30日 - 2012年3月3日

次王者
ロンダ・ラウジー
前王者
ホリー・ホルム
第3代UFC世界女子バンタム級王者

2016年3月5日 - 2016年7月10日

次王者
アマンダ・ヌネス