ミーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミーク
MeeK
出生名 ステファン・フランク・パスカル
Stephane-Franck Pascal
別名 ミーク(MeeK)
生誕 1971年2月2日
出身地 フランス/イギリス
ジャンル ロックポップス
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
レコード・プロデューサー
芸術家
画家
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
オルガン
バンジョー
ハーモニカ
メロトロン
6弦ベース
パーカッション
シンセサイザー
活動期間 1996年
レーベル Bedroom, Raindrop, Rumble
公式サイト 公式ウェブサイト
ビートルズ
ザ・ビーチ・ボーイズ
クイーン (バンド)
レディオヘッド
テンプレートを表示

ミーク(MeeK、1971年2月16日、モンモランシー - フランス)は仏英シンガーソングライターである。誕生名はスティーブンフランクパスカル。彼はギター、ピアノ、ドラム、ベース、シンセサイザーを演奏し、ヨーロッパの何人かの批評家は彼こそが新しいポールマッカートニーだと評しています[1][2]

彼はマーケティングのデバイスとしてインターネットを利用しているヨーロッパで最初のミュージシャンの一人である[1][3][4]

2002年にミークのファーストアルバム「Psychotique」がリリースされ、これはインターネット上で絶賛されている。ミークのファーストアルバム「Psychotique」CDが発行され、日本のポップグループのリーダー/歌手の紹介とプレゼンテーションで、同社「Minf Records」で日本に分布するピチカートファイヴ[5]。ビートルズに影響を受けたに違いない甘くメロディアスな音色と、多重録音の凝ったアレンジの施されたポップなサウンド - 小西康陽[6]。フランスから現れたビートルズ大好き少年、ミークのデビューアルバム。

彼は全ての楽器演奏とボーカル、コーラスを務めた[7]

2004年にはセカンドアルバム「Margaret et ses bijoux」がリリースされ、これもまた暖かく受け入れられた。これはコンセプトアルバムである[8] · [9] · [4]

同年、彼は日本のレコード会社「Minf Records」からアルバム「Sleeping With Big Ben」を、日本限定でリリース。これはミークによるアコースティックアレンジを施したビートルズのカバーが12曲収録されたものである。

サードアルバム「Sortie de secours」は、人気の高いSix Feet Underが収録されており、そのプロモーションビデオも収録されている。またこのビデオはYouTube上で熱狂的な人気を誇っている[10]

ミークのミュージックビデオ[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]