ミングレル人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミングレル人(19世紀)

ミングレル人(ミングレルじん、:Mingrelians)は、南コーカサスの(2015年4月まで日本国政府が「グルジア」の外名で呼称していた)ジョージア国のサメグレロ(ミングレリア)地方に住む少数民族である。同国の多数民族であるカルトヴェリ人の支族に分類されることが多い。

サメグレロ地方以外では、アブハジアトビリシに居住している。およそ18万人から20万人のミングレル人が1990年代初期に発生したアブハジア紛争とそれに続いたアブハジアからカルトヴェリ人とその支族を駆逐する民族浄化の結果、アブハジアから追い出された。ほとんどのミングレル人はミングレル語グルジア語の両方を話すが、ミングレル語はアブハズ語で使用されるキリル文字ではなくグルジア文字で表記される。


歴史[編集]

1930年代までミングレル人とスヴァン人は独自の人口統計が取られていたが、それ以後は広義(国家国民として)のグルジア人に含まれるようになった。ミングレル人はマイノリティでありながら、グルジア民族主義的な人物も多い。それがメラブ・コスタヴァやグルジアの初代大統領ズヴィアド・ガムサフルディアであった。そのため、サメグレロは1991年末の反ガムサフルディアのクーデター結果発生した内戦の舞台となった。この内戦ではガムサフルディア側が敗北した。


著名なミングレル人[編集]


関連項目[編集]