ミンク・ホロウの世捨て人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミンク・ホロウの世捨て人
トッド・ラングレンスタジオ・アルバム
リリース
録音 ニューヨーク州 ユートピア・サウンド・スタジオ
ジャンル ポップ・ロックパワー・ポップ
時間
レーベル ベアズヴィル・レコード
プロデュース トッド・ラングレン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 36位(アメリカ[1]
  • 42位(イギリス[2]
トッド・ラングレン 年表
誓いの明日
(1976年)
ミンク・ホロウの世捨て人
(1978年)
バック・トゥ・ザ・バーズ (未来への回帰・ライヴ)
(1978年)
テンプレートを表示

ミンク・ホロウの世捨て人』(原題:Hermit of Mink Hollow)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、トッド・ラングレン1978年に発表した、ソロ名義では8作目のスタジオ・アルバム

背景[編集]

前作『誓いの明日』(1976年)から本作をレコーディングするまでの間、ラングレンはユートピア名義のアルバム『太陽神』(1977年)と『悪夢の惑星』(1977年)をリリースし、また、ミートローフのアルバム『地獄のロック・ライダー』(1977年)をプロデュースした。

本作では、共同エンジニアとしてマイク・ヤングが参加しているのを除けば、ラングレンがプロデュース、ボーカル、演奏、編曲のすべてを単独で担当している[3]。オリジナルLPでは、A面が「The Easy Side」、B面が「The Difficult Side」と記載されていた[4]

反響・評価[編集]

アメリカのBillboard 200では36位に達し、ラングレンのソロ・アルバムとしては『サムシング/エニシング? (ハロー・イッツ・ミー)』(1972年)が1974年に全米29位を記録して以来の全米トップ40入りを果たした[1]。また、本作からのシングル「友達でいさせて」はBillboard Hot 100で29位に達した[1]

音楽評論家のStephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて「疑いなく彼が作った最もエモーショナルなレコード」と評している[5]

収録曲[編集]

全曲ともトッド・ラングレン作。

  1. 子供たちの歌 - "All the Children Sing" – 3:10
  2. 友達でいさせて - "Can We Still Be Friends" – 3:36
  3. 傷ついた心 - "Hurting for You" – 3:22
  4. 夢の彼方に - "Too Far Gone" – 2:39
  5. 擬声 - "Onomatopoeia" – 1:35
  6. 決意 - "Determination" – 3:12
  7. ブレッド - "Bread" – 2:50
  8. バッグ・レディ - "Bag Lady" – 3:15
  9. うそつき - "You Cried Wolf" – 2:31
  10. ラッキー・ガイ - "Lucky Guy" – 2:07
  11. アウト・オブ・コントロール - "Out of Control" – 3:57
  12. フェイド・アウェイ - "Fade Away" – 3:08

他メディアでの使用例[編集]

「友達でいさせて」は、アメリカ映画『ジム・キャリーはMr.ダマー』(1994年公開)[6]及びアメリカ映画『バニラ・スカイ』(2001年公開)[7]サウンドトラックで使用された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Todd Rundgren - Awards : AllMusic
  2. ^ TODD RUNDGREN | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される - 2015年2月22日閲覧
  3. ^ Hermit of Mink Hollow - Todd Rundgren : Credits : AllMusic
  4. ^ 日本盤CD(VICP-60264)ライナーノーツ(荒田光一)
  5. ^ Hermit of Mink Hollow - Todd Rundgren : AllMusic - Review by Stephen Thomas Erlewine
  6. ^ Dumb & Dumber (1994) - Soundtracks - IMDb
  7. ^ Vanilla Sky (2001) - Soundtracks - IMDb