IUS (産婦人科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
子宮内黄体ホルモン放出システム「ミレーナ」

IUS(英: Intrauterine system)は「子宮内黄体ホルモン放出システム」の処方箋医薬品。日本では初めて「子宮内避妊システム」として「ミレーナ」が製造承認を取得し、2007年より自由診療で用いられていた。同薬は2014年に過多月経および月経困難症の適応が追加され、避妊以外の適応には保険診療が適用されている。

概要[編集]

特徴(IUDとの違い)[編集]

IUDとIUSを区別するか否かは国によるようです。 子宮内避妊器具(IUD)と同様、子宮内に装着することにより長期間避妊効果を発揮するが、IUDが医療機器であるのに対しミレーナは医薬品である。
「レボノルゲストレル放出子宮内システム」という、従来と異なる新しいタイプの避妊法である。
過多月経、月経困難症 にも適応がある。ただし過多月経の場合、器質性過多月経の患者では、原疾患の治療を優先することが必要。

  • 「薬物を子宮内に放出する」ために薬剤放出部を留置する器具としてIUDのT型フレームを使用
  • 経口避妊薬と同等の避妊効果と子宮内避妊用具の特長である長期間にわたる避妊が可能
  • 過多月経の女性には推奨できないIUDと異なり、月経時の出血量が軽減。
  • 出産経験があり、これ以上妊娠を希望しない女性、次の出産まで期間をあけたい女性、長期にわたり避妊を望む女性に最適。
  • 装着期間は最長5年間で長期間にわたる避妊が可能。

ミレーナの製品概要[編集]

開発の経緯[編集]

  • 1970年代後半 - 子宮避妊器具黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルを用いることにより、高い避妊効果と長期間にわたる避妊効果が可能である製剤の開発を開始。
  • 1990年 - フィンランドにおいて世界で初めて承認・発売
  • 2007年 - 日本で子宮内避妊具として承認・発売(処方箋医薬品、自由診療)
  • 2014年6月 - 日本で過多月経の適応追加
  • 2014年11月 - 日本で月経困難症の適応追加

作用機序[編集]

避妊

  • レボノルゲストレルを子宮内に持続的に放出することにより、子宮内膜に作用
  • 子宮頸管粘液の粘性を高めて精子の通過を阻止

過多月経、月経困難症

  • 子宮内膜への形態学的変化をもたらす作用により、月経血量を減少させるとともに、月経困難症の症状を軽減させると考えられている。

注意事項[編集]

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には装着させない。妊娠した場合は原則として除去するが、その際自然流産の可能性があることを十分説明する必要がある。
  • 本剤を「避妊」の目的で使用した場合には、保険給付の対象とはならない(自由診療)。
  • HIV感染(エイズ)及び他の性感染症(梅毒性器ヘルペス淋病クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、腟トリコモナス症、B型肝炎等)を防止するものではない。コンドームの使用が有効であることを使用者に十分説明すること。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]