コンテンツにスキップ

ミレニアム・マンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミレニアム・マンボ
タイトル表記
繁体字 千禧曼波
拼音 Qiānxī Mànbō
英題 Millennium Mambo
各種情報
監督 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
脚本 朱天文(チュー・ティエンウェン)
製作 朱天文(チュー・ティエンウェン)
廖慶松(リャオ・チンソン)
エリック・ユーマン
製作総指揮 黄文英(ホワン・ウェンイン)
ジル・ジマン
出演者 舒淇(スー・チー)
音楽 半野喜弘
林強(リン・チャン)
Fish(フィッシュ)
撮影 李屏賓(リー・ピンビン)
編集 廖慶松(リャオ・チンソン)
美術 黄文英(ホワン・ウェンイン)
製作会社 3Hプロダクションズ
配給 日本の旗 ビターズ・エンド
日本の旗 SPOTTED PRODUCTIONS(4Kレストア版)
公開 中華民国の旗 2001年11月17日
日本の旗 2003年4月12日
日本の旗 2024年2月16日(4Kレストア版)
上映時間 105分
製作国 中華民国の旗 台湾
フランスの旗 フランス
言語 中国語
日本語
テンプレートを表示

ミレニアム・マンボ』(原題:千禧曼波、英題:Millennium Mambo)は、2001年に制作された台湾フランス合作映画。ホウ・シャオシェン監督、スー・チー主演。新世紀ミレニアム)の台湾に生きる女性を描いた青春映画で、2人の男性の間で揺れ動く主人公の姿を彼女自身の10年後のモノローグで描いていく。

第54回カンヌ国際映画祭高等技術院賞(芸術貢献賞)、第38回金馬奨で撮影賞・オリジナル作曲賞・音響賞を受賞した。

この作品以降のホウ・シャオシェンが女性の主人公を描く方向に振り切ったのは、スー・チーとの出会いが決定的だったとホウ自身も認めている[1]

2024年2月に4Kレストア版が公開された[2]

ストーリー

[編集]

ビッキーは高校時代から付き合っているハオと同棲していたが、ハオは仕事もしないうえに携帯電話の着信履歴を調べるなど、異常なほど嫉妬深い。嫌気がさしたビッキーは、ホステスの仕事先に客としてやってくる優しいヤクザのガオに惹かれ始める。

キャスト

[編集]

スタッフ

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ 『ミレニアム・マンボ』音速の徒花、夜の破片を追いかける”. CINEMORE (2024年2月27日). 2024年3月15日閲覧。
  2. ^ ホウ・シャオシェン×スー・チー。新世紀の台北の夜にタイムスリップ「ミレニアム・マンボ 4Kレストア版」 キネマ旬報WEB、2024年1月12日

外部リンク

[編集]