ミレニアムベビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミレニアムベビーmillennium baby)は2000年生まれの赤ちゃん、またその年に生まれた人々のことを指す場合もある。ミレニアムベイビー、略してミレベビとも。なおミレニアムベビーに対して、21世紀の始まりである2001年生まれの赤ちゃん、またその年に生まれた人々のことは新世紀ベビーと呼ぶ場合がある。

概要[編集]

ミレニアムベビーとその周辺の出生率
1996 1997 1998 1999 2000
出生数 1,206,555 1,191,665 1,203,147 1,177,669 1,190,547
出生率 9.7 9.5 9.6 9.4 9.5
合計特殊出生率 1.43 1.39 1.38 1.34 1.36

日本の2000年(平成12年)における出生数は1,190,547人(合計特殊出生率1.36)と、少子化の中で前年の1,177,669人(合計特殊出生率1.34)から微増した[1]。ミレニアムベビーの小流行に加え、都心回帰の影響[注 1]で新築マンションラッシュが続いた首都圏では幼稚園に入園できない子供が相次いだ[2]。その一方で、青森県などでは予想されたほど出生数は増えず人口が減少した[3]

また、日本国外では韓国ソウル市で地域の子供の数が急増したため、大規模マンションの保護者たちによって学級数の増設などを求める署名運動が行われた[4]

日本におけるミレニアムベビーの節目・学年[編集]

2000年4月2日12月31日生まれの場合、2001年1月1日4月1日生まれの新世紀ベビー同学年となる。

ミレニアムベビー一覧[編集]

2000年生まれの著名人参照

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東京の2000年(平成12年)における人口は 12,064,101 人と1995年の 11,773,605 人よりも20万人近く増えている(政府統計の総合窓口)。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]