ミルメーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミルメークコーヒーを溶かした牛乳

ミルメークは、大島食品工業株式会社(本社:愛知県名古屋市守山区)の製造する牛乳調味料である。

概要[編集]

すでに学校給食においてほとんどが脱脂粉乳から牛乳(ガラス瓶入り)に切り替わっていた[1]昭和40年代初頭、学校給食用食材の製造を手がけていた大島製薬所(現・大島食品工業)は、栃木県の学校給食会より「子どもたちが残さないように給食の牛乳をおいしくしてほしい」との依頼を受けて商品開発に乗り出し、試行錯誤の上1967年昭和42年)に「コーヒー牛乳の素」としてミルメーク(粉末タイプ)を発売した。牛乳が苦手でもミルメークを混ぜると飲める子供が増えたため、愛知県をはじめとして[要出典]学校給食に広く採用された。

当初はコーヒー味、いちご味、ココア味といった粉末状の商品のみだったが、テトラパック牛乳の普及に伴い、1978年(昭和53年)ストロー差し込み口から注入できるチューブ入りの液体タイプも開発された。1993年(平成5年)からは市販展開によりスーパーや百円ショップで店頭販売されているが、現在もなお全国各地の学校が学校給食に採用している。

地域にもよるが、粉末状のものには撹拌用を兼ねた専用ストローが付属することが多い。牛乳があふれるおそれがあるため、まず一口飲んでから投入してストローで撹拌するのがよいとされる。ストローを使わずに、投入した後で再度ふたをして振ることで撹拌して飲むという技術が普及している学校もある。[要出典]

パッケージには「牛乳調味品」と記載されている。大島食品工業の前身は製薬メーカーで、混合機を利用した食品調味料の製造を始めるため製造許可を取得したため、このような品名表示になっている。[要出典]

種類[編集]

データは左からパッケージデザイン、内容量、原材料。

粉末状[編集]

給食用小袋入り[編集]

いちご
ピンク色、5g、砂糖・香料・炭酸カルシウム・食塩・ビタミンC・着色料(紅麹)・クエン酸鉄ナトリウム
きなこ
焦茶色
キャラメル
茶色、8g、砂糖・食塩・香料・着色料(カラメル)・炭酸カルシウム
ココア
薄茶色、8g、砂糖・ぶどう糖・ココア・食塩・炭酸カルシウム・植物レチシン(大豆由来)・香料・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2
コーヒー
薄茶色、8g、砂糖・インスタントコーヒー・食塩・乳酸菌・炭酸カルシウム・着色料(カラメル)・ビタミンC・クエン酸鉄ナトリウム・香料・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2
コーヒー(減糖)
黒色、5g
バナナ
黄色、7g、砂糖・食塩・炭酸カルシウム・香料・ビタミンC・クエン酸鉄ナトリウム・ビタミンB2
ピーチ(2003年11月30日をもって販売中止)
薄桃色、6g、砂糖・香料・炭酸カルシウム・食塩・ビタミンC・着色料(赤ビート)・ビタミンD
抹茶きなこ
黄緑色
メロン
緑色、6g、砂糖・食塩・香料・炭酸カルシウム・着色料(スピルリナ、紅花)・ビタミンC、ビタミンD

市販用商品[編集]

コーヒー(減糖)
ジャスコブランド「ハーティマーティ」として発売。
ココア
スタンドパック。
胡麻きなこ
茶色・黄色が主体のスタンドパック。

液体状[編集]

チューブ状パッケージ

いちご
ピンク色
コーヒー
無色
ココア
茶色

類似品[編集]

過去に永谷園から発売されていた「永谷園のミルクセーキ」や、カセイ食品(東京都大田区)の「ニューメート」などがある。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1958年(昭和33年)に文部省管理局長より「学校給食用牛乳取扱要領」が通達され(参考:学校給食の歴史 - 全国学校給食会連合会)、その後もしばらく脱脂粉乳の提供する学校もあったものの、1963年(昭和38年)に脱脂粉乳に対する国庫補助が実施されると、1972年(昭和47年)には全国で牛乳7:脱脂粉乳3の割合まで普及した。(参考:学校給食の振興 - 文部科学省

外部リンク[編集]