ミリャツカ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミリャツカ川
Miljacka River.jpg
延長 35.9 km
平均流量 5,7 /s
水源の標高 -- m
河口・合流先 ボスナ川
流域 ボスニア・ヘルツェゴビナ
テンプレートを表示

ミリャツカ川Miljacka,Миљацка)はボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォイストチノ・サラエヴォを流れる河川である。サラエヴォを象徴する川として知られ、サラエヴォの街自体そのものを直ぐに想起させる川でもある。ミリャツカ川はパリャンスカ・ミリャツカ川(Paljanska Miljacka)とモクラニスカ・ミリャツカ川(Mokranjska Miljacka)の合流地点から始まる川で、合流河川のパリャンスカ・ミリャツカ川は全長13kmの川で源流はパレから東へ10km行った標高1,100mにあるベゴヴィナ(Begovina)近くのヤホリナ山の傾斜地である。モクラニスカ・ミリャツカ川は全長21kmの川で源流はカディノ・セロ村(Kadino Selo)近くのロマニヤ英語版(Romanija)の山々の傾斜地にある大きな洞窟である。ミリャツカ川は全長36km足らずの小規模な河川で5,7 m³/sの平均流量でサラエヴォ市内を東西方向に流れていき、ボスナ川に流れ込む。流量が少ないため、変わった臭いや赤茶色の水であったりするがサラエヴォ市民からは愛されている他、肥沃な土壌を作る。1914年オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が銃撃され第一次世界大戦の契機の一つとなった現場であるラテン橋など、いくつかの著名な橋がミリャツカ川には架けられている。

座標: 北緯43度52分08秒 東経18度17分28秒 / 北緯43.869度 東経18.291度 / 43.869; 18.291