ミュンヘン放送管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミュンヘン放送管弦楽団(Münchner Rundfunkorchester)は、ドイツバイエルン州の放送局、バイエルン放送(Bayerischen Rundfunks)に所属する2つのオーケストラの1つ。もう1つのバイエルン放送交響楽団と同じく、ミュンヘンに本拠を置く。フル編成のバイエルン放送交響楽団に対し二管編成の中規模オーケストラである。

1952年設立。歴代の指揮者としてヴェルナー・シュミット=ベルケクルト・アイヒホルンハインツ・ヴァルベルクランベルト・ガルデルリジュゼッペ・パターネロベルト・アバドマルチェッロ・ヴィオッティらが務めた。2006年から2017年までウルフ・シルマーが芸術監督(Künstlerischer Leiter)を務めていた。

レコーディングは、アイヒホルン指揮でオルフカルミナ・ブラーナ』や、様々な指揮者でオペラ全曲やアリア集などがある。

なお、ムード音楽の畑ではあるが、自社の業務用ライブラリーで成功した、ノーマン・キャンドラーのオーケストラの楽団員は、このミュンヘン放送管弦楽団からのピックアップである。

歴代首席指揮者[編集]

  • ヴェルナー・シュミット=ベルケ (1952–67)
  • クルト・アイヒホルン (1967–75)
  • ハインツ・ヴァルベルク (1975–81)
  • ランベルト・ガルデルリ (1982–85)
  • ジュゼッペ・パターネ (1988–89)
  • ロベルト・アバド (1992–98)
  • マルチェッロ・ヴィオッティ (1998–2004)
  • ウルフ・シルマー (2006–2017)
  • イヴァン・レプシッチ (2017-)

外部リンク[編集]

  • 公式サイト(ドイツ語、ミュンヘン放送ホームページ内)