ミュラ=ル=ケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Murat-le-Quaire
Blason ville fr Murat-le-Quaire (Puy-de-Dôme).svg
Massif sancy muratlequaire.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ピュイ=ド=ドーム県Blason département fr Puy-de-Dôme.svg
(arrondissement) クレルモン=フェラン郡
小郡 (canton) ル・サンシー小郡
INSEEコード 63246
郵便番号 63150
市長任期 ジェラール・ブリュジエール[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Massif du Sancy
人口動態
人口 481人
2012年
人口密度 41人/km2
地理
座標 北緯45度35分55秒 東経2度44分09秒 / 北緯45.5986度 東経2.7358度 / 45.5986; 2.7358座標: 北緯45度35分55秒 東経2度44分09秒 / 北緯45.5986度 東経2.7358度 / 45.5986; 2.7358
標高 平均:m
最低:836m
最高:1508m
面積 11.64km2
Murat-le-Quaireの位置(フランス内)
Murat-le-Quaire
Murat-le-Quaire
テンプレートを表示

ミュラ=ル=ケールMurat-le-Quaire)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ピュイ=ド=ドーム県コミューン。2015年に小郡の再編が行われ、コミューンは新設されたル・サンシー小郡となった[2]

地理[編集]

バンヌ・ドルダンシュの頂上はコミューンの象徴である

ドール山地の火山性山間地に位置する。火山性の玄武岩の岩山バンヌ・ドルダンシュ(fr、1512m)がコミューンを見下ろす。

村そのものは標高1030mのところ、ドルドーニュ川上流の谷の日当たりの良い場所に引っかかるようにしてある。村はブルブールを見下ろす岩山の周囲に広がっている。

気候は十分に、山岳性を帯びた海洋性気候であるが、位置が他から露出しているため太陽光の恩恵を受けている。

歴史[編集]

中世には、城が一帯を支配していた。城は防衛上の重要性を帯び、谷の入り口を封鎖することができた。

19世紀まで貧しい農村であった。しかし、温泉(今日のモン=ドール)におけるハイドロテラピーが発展して、ブルブールは外へ向けて開けた。現在のコミューンは、主に観光でなりたつ郊外の町である。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
385 382 367 419 435 499 483 481

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[3]、2004年以降INSEE[4][5]

経済[編集]

農村経済は事実上消滅してしまった。牧草地の維持や山での放牧を行う農民は一握りである。特に強みとする観光は、グリーン・ツーリズムである。

脚注[編集]